おうとつげぇむ録 触手の館 ~快楽に捕らわれる女子校生~

触手の館 ~快楽に捕らわれる女子校生~

タイトル:触手の館 ~快楽に捕らわれる女子校生~
ブランド:Softhouse-seal
ジャンル:触手と僕の復讐ADV
ハード:Windows:Vista/7

 触手って普通、体のどっかから生えてる触覚相当の部位の呼称だと思うんですけど
 エロゲーの触手ってなんか知りませんが「触手」という一つの生物というか種族みたいになってるのもいますよね。

 なんでだろうって結構長らく疑問に思ってましたが、「触手を持った生物」だとそいつのチンコ突っ込んじゃうから触手プレイとしての魅力が半減しちゃうからなんだなぁ。とこのゲームやって気付きました。


  学校の女子二人に虐められている主人公。親からも無関心を決め込まれ、彼の心安らぐ場所は自然あふれる森の中のみ。
 いつもの様に学校帰りに森に寄って現実逃避していると何処からか妙な音が聞こえてくる事に気づきます。音を頼りに森の中を進んでいくとそこには妙な洋館が建っていました。
 中に入ってみても誰も住んではいなさそうですが森の中で聞いた音が洋館から聞こえてきます。奥へと進んでみると音の発生源はこの洋館に住まう触手であったのだった。
 ひょんな事から触手と仲良くなった主人公。この触手と共に虐めっ子への復讐劇が始まるのだった。

 触手と少年の心温まる友情物語

 ヒロイン? は虐めっ子と虐めっ子の子分、あとは虐めを傍観してた女の三人ですね。
 なんか復讐物って一人は虐めを傍観してた奴が対象に入りますよね。まぁ悪いは悪いんですけどメタメタに逆襲されるほどか? と毎度思ってしまう。というよりプレイヤー側からすると分かりやすく虐めを行っている描写がある奴の方に嫌悪感が向くので、なんか傍観してた程度の内容だとプレイヤーからするとちょっと温度差を感じてしまってなんか微妙というか。

 そんな事よりもっと実行犯ボコボコにしようぜ!

 という気持ちのが強くて、そんな奴は放っておけよ気になりますね。


 ヒロイン三人は三者三様の反応で短い内容ながらもそこそこに個性が出てたのは良い感じでしたね。
 最後の最後まで心が折れない虐めっ子、即座に主人公に媚を売る腰ぎんちゃく、淫乱傍観者みたいな感じ。
 個人的には毎回主人公に媚を売って自分だけ助かろうとする性根にあきれられて酷い目に合う腰ぎんちゃくが面白かったです。

腰ぎんちゃく「友人代わりに差し出しますから私は助けて下さいよ」

主人公「友達は大切にしようね。残ね~んお仕置き~」

腰ぎんちゃく「そんな~」

 みたいな流れがコントみたいで面白い。

 ただ全体的にそこまで悪いわけではないのですが、話の根底に「虐められっ子の復讐物」としての要素がある所為かちょっと「触手物」としての要素が薄まってしまっている感じがあるのが少し残念ではありますね。
なんか竿要員として主人公が存在してしまっている所為で、中盤位まで触手がただの拘束道具でしかないんですよね。私は複数の触手に穴という穴を凌辱されまくる展開が好きなので、拘束して人間のチンポブっ込むだけの内容が多いのは残念ですね。

 その分、復讐凌辱描写に関してはなかなか頑張っていた気がします。虐めっ子は最後まで快楽に抗いながら主人公に敵意を剥きだしますし、腰ぎんちゃくちゃんは最後まで苦痛を伴う行為ばっかされていますし、虐めっ子達がすぐに快楽に負けて「セックスサイコー」みたいな感じにならないのは好印象でした。

 ただなぁ……やっぱり「触手の館」ってタイトルだから触手の描写をもっと濃密にして欲しかったなぁ。ただでさえ短い内容なのに要素を二つもブっ込んでしまったのはちょっと欲張りすぎた印象ですね。

評価
ストーリー: ★
キャラクター:★★
エロ比率:  ★★★★
リョナ:    ★★

触手の館 ~快楽に捕らわれる女子校生~
触手の館 ~快楽に捕らわれる女子校生~
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: