おうとつげぇむ録 エルフを飼うオーク 「おめぇにゃオラの仔をたぁんと産んでもらうだよ」

エルフを飼うオーク 「おめぇにゃオラの仔をたぁんと産んでもらうだよ」

タイトル:エルフを飼うオーク 「おめぇにゃオラの仔をたぁんと産んでもらうだよ」
サークル:α-MODEL
ジャンル:アドベンチャー
ハード:Windows:Vista/7/8

 そういえばファンタジー世界でのゴブリンとかオークとかって違いがあったりするんだろうか?
 大きさの違い?
 元ネタ(創作者)が違うだけで基本は一緒なんだろうか。それともファンタジー小説とかでは明確に違いがあったりするんですかね?
 


 エルフと人間との戦時中に、エルフ側が魔法で作りだした兵士「オーク」。しかし戦争が終わるとオークを作りだしたエルフ共々迫害される事となる。
 そこで迫害されたエルフがオークに力を与えた事で力関係は逆転。今ではエルフはオークに襲われ雌は繁殖用の家畜として飼われる様になってしまったのだった。


 という世界設定らしいです。

 そして、とあるエルフの集落が主人公が組みするオークの集団に襲われてヒロインを含む雌エルフが攫われてしまった。というお話。

 女性のエルフは基本的に仲間の共有物で、家畜として小屋で飼育して好き勝手ズコバコしてバンバン子どもを産ませるという方針なのですが、攫ってきた最初の一年間は雌エルフ調教師が独占してみっちり繁殖用エルフとして鍛え上げるという事らしいです。
 そして主人公の「モッコス(オーク)」は今回初めてエルフを調教する仕事を任された雌エルフ調教師の新人さんという設定。ヒロインの「アスリン」を一年間調教して立派な繁殖用エルフにするぞ! という事ですね。

 するぞ! も何もプレイヤーに調教内容が選べる訳でもないのすが……

 内容としては種族間での価値観の違いとしての描写としてはなかなか面白くはありました。
 悪意云々があってエルフを家畜扱いしている訳ではなく、元々雌がいない種族だから「エルフは繁殖用の生き物」という考えのもと行っているに過ぎず、情に訴えかけてもまるで効果を発揮しなかったりとか

兄貴分「捕まえたばかりのエルフは自分がオークの繁殖袋だって理解してねぇんだ」

主人公「マジかよ! とんでもねぇな」

 みたいな会話とか結構面白かったです。

 ただ中途半端にほのぼのとした空気感を纏っている所為か「家畜として攫われたエルフを調教するオーク」としての内容が少し薄い感じがして微妙ではありましたね。
 調教する一年間はエルフとオークが同じ家に住んで暮らすのですが、セックスする時以外はエルフ側も基本的に自由で地味にセックスする合間合間のやり取りが結構ほのぼのしているんですよね。オーク側も家畜がダメになってしまわない様にメンタルケア等に気を使ったりして、それなりに優しさを見せる場面等もあるんですよね。

 結局はその優しさも愛玩動物に向けるものでしかない程度のもので絶望したり、その微妙にほんわかした空気のなか最終的に大勢のオークに犯される家畜になっている姿などは結構悲壮感が出ていて悪い事ばかりではないのですが、肝心のセックス描写がやっぱり微妙に温い所為か、調教物としての要素としてはあまり面白味はなかったですね。

 冒頭とエンディングの一つに大勢のオークに犯されている大勢の家畜エルフ達の描写がありますが、基本的にこの作品に求めていたのはこういった所なので、基本的に一対一でのセックス主体というのは非常に物足りない内容でしたね。

評価
ストーリー: ★★
キャラクター:★
エロ比率: ★★★

エルフを飼うオーク「おめぇにゃオラの仔をたぁんと産んでもらうだよ」
エルフを飼うオーク「おめぇにゃオラの仔をたぁんと産んでもらうだよ」
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: