おうとつげぇむ録 夜明け前より瑠璃色な

夜明け前より瑠璃色な

タイトル夜明け前より瑠璃色な
ブランド:オーガスト
ジャンル:アドベンチャー
ハード:Win:XP/Vista/7

 最近まで「夜明け前よりも瑠璃色な~」って最後に何か単語がつくのかと思ってました。

 なんか妙な所で切っちゃうんですね。



 月に人が住んでおり、過去に地球と戦争したことでお互いに文明が後退して交流も最小限になっちゃった。みたいな設定。
 そして戦争の記憶も人々から薄れてきてる中、主人公の家に月の国のお姫様がホームステイしにやってきたー!
 というお話。

 なんか全体的に淡々とした内容だなぁという印象。
 5月にフィーナ(月の国の姫様)が地球に来て個別ルートに入るのに1~2ヶ月位の作中時間が経つのですがその期間の所謂共通ルートの使い方が非常にあっさりしているなぁという印象。

 結構日にちをビュンビュン飛ばしていくんですよね。なのでプレイしている側からの目線だと数カ月を一緒に過ごしたという濃密さがあまり感じられないんですよね。

 なので月からやってきた異星人が徐々に生活に馴れてきた感もあまりないし、主人公の家の人々と徐々に打ち解けて来てるというのを感じ辛いんですよね。
 時間が飛んだらいつの間にか馴れていたし、打ち解けているので異文化の人間がホームステイしに来たという設定があまり活かせていない感じはしますね。

 あと折角存在している月人及び月の王国が結構空気。もちろんストーリーには重要な感じで絡んではいますが、もっとこう些細な部分にフォーカスを当てて語って欲しかったなぁ。
 なにぶん舞台が地球でヒロインも半数は地球人なので、どうしても月に対する印象が薄く感じちゃいますね。

 月では水が少ないから海の存在とか水族館という施設の存在にフィーナが感動したり驚いたりしていましたが、そういう描写を共通ルートでもっと時間を割いて見せてくれても良かったかなぁ(というか私がそういうの好き)

 あと地味に「地球人はさほど月の国に興味無い」という設定は無理があるんじゃねーかなーと思う。
 いくら遥か昔から交流があって住んでる人間も地球からの移民であっても、興味無いってあり得るか?

 だって月に住んでるんだぜ!?

 しかも作中でも気軽に旅行に行ける訳でもないし、昔に存在した滅茶苦茶凄い技術で生活できる環境を整えているんですよ?  
 惑星の行き帰りが自由に出来てとかそういう世界ならまだしも、昔は凄い技術で月をテラフォーミングも出来たけど、戦争で文明が後退して作中での技術水準は現実とそう大差ない訳ですし……これで興味無いって正直説得力無いなぁ。

 ただそこら辺を除けば割と王道ギャルゲーとしては良い出来だったんじゃないでしょうか。

 個人的にはもうちょっと月側のヒロインの比率が多くても良かったんじゃないかなぁとは思うのですが、国の姫様がお忍びでやって来たという設定だからなぁ。月側の一般市民を連れてくる訳にもいかないし、そう考えると仕方ないのかもしれませんね。

 全体的に各ルートとも纏め方は結構上手で印象は割と良かったです。

 以下ヒロインとルート感想
 ※順番はクリアした順

 
評価
ストーリー: ★★★
キャラクター:★★
エロ比率:  ★★★
夜明け前より瑠璃色な
夜明け前より瑠璃色な
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: