おうとつげぇむ録 肛虐の騎士ミレス-忘却の果て、淫触受胎-

肛虐の騎士ミレス-忘却の果て、淫触受胎-

タイトル:肛虐の騎士ミレス-忘却の果て、淫触受胎-
ブランド:Softhouse-seal
ジャンル:忘却の女騎士触手肛虐ADV
ハード:win:2000/XP/Vista

 触手が膣内に入って精子だったり卵だったりを植えつけたりするのは分かりますが、スパンキングするのはまるで意味わかんないですね。

 まぁそれはそれで笑えるから良いんですけど。


 記憶喪失の女騎士「ミレス」は、触手に卵を植えつけられたところを賞金稼ぎの「カディア」に救われる。カディアに賞金稼ぎのパートナーにならないかと話を持ちかけられたミレスはこれを快諾する。
 その後王女である「レジーナ」に土地神に捧げる生贄を逃がす為の用心棒の依頼を持ちかけられる。


 この王女からの依頼を受けるかどうかで話が分岐するという訳ですね。

 依頼を受けるとその後、ミレスとカディアのどっちかが、依頼を受けないとレジーナか生贄の女の子のどっちかが触手の餌食になるかが分岐するという仕組みです。(仕組みというほどのものでもない)

 王女様は土地神なんて実は存在しないと考えており、こんな悪習はなくそうと生贄である女の子を逃がそうとするのですが、まぁ普通に土地神は存在しており、触手でグチュグチュやられてしまうというわけです。

 んでこの土地神様が「ディーヴァ」というのですけど、生贄を貰って女の子を陵辱するだけの邪神なのかと思ったら、普通にちゃんと仕事しているんですよね。
 ディーヴァ様は女の子を辱める事で活力を得るらしく、女の子を毎年一人献上する変わりに国を守ってと昔の王様と契約したんですよね。
 んでディーヴァ様がどうやって国を守ってくださるかというと

 周りの国に比べて小さくて弱い自国を守るために結界をはって攻め入られないようにする

 自国だけで生きていけるように作物を実らせ水も豊かにする

 他国で流行っている疫病を流行らせないようにする


 滅茶苦茶仕事してくれてます

 普通こういうのって生贄貰うだけ貰って何もしないとか、結界をはって攻め入られない代わりに物流が途絶えて結局徐々に滅んでいくとか、そういう展開が多い気がするんですけど、ディーヴァ様に関してはアフターケアもバッチリですね。

 一年に一人位でガタガタ抜かすな

 て位の仕事ぶりですね。

 だけに留まらずディーヴァ様割と謙虚なんですよね。女を辱めることを糧にしているので結構強めに生贄を陵辱するのですが、女が壊れそうになると

「なんとか1年持たせないと・・・・・・1年に1人って約束だからな」

 とか言いだしますからね。「駄目になったから代わりを催促しよ」とかじゃないですからね。あくまでも契約どおりに仕事をしようとするディーヴァ様マジ男前である。

 ディーヴァ様発言とかが結構小物っぽいんですけど、なんか逆に味になってる感じがしますね。部下に対する質問とか

「この生贄に失禁プレイさせたことないけど食事に利尿剤混ぜたほうがいいかな?」

 とかですからね。
 お労しやディーヴァ様
 娯楽が少なすぎて1年に1人の生贄でどう暇を持て余そうか四苦八苦している感じがすごい伝わります。
 冒頭で触れた触手がスパンキングするのも、ディーヴァ様が楽しむために必死に触手に教え込んだんでしょうね。
 何せ、部下である触手たちの餌とかも自分で用意したり、数が減ってきたから繁殖させなきゃなーとか考えてますからねディーヴァ様。

 なんかディーヴァ様の存在で割りと面白い作品になってましたね。ただディーヴァ様はほのぼのしてますが、内容自体は割りとハードですね。下関係(大)のプレイが多めですし、大木を膣に突っ込むのは割りと見ていて痛々しかったです。

 まぁでも、ここまで国のために尽くして下さっているディーヴァ様を疑うなんて不敬を働いたのだからそれ位されて当然という感じはしますね。

 ヒロインは4人いますがそれぞれにバリエーションにとんだ陵辱内容なのも結構マンネリせずによかったですね。

評価
ストーリー: ★
キャラクター:★★
エロ比率:  ★★★★
リョナ:    ★★
肛虐の騎士ミレス -忘却の果て、淫触受胎-
肛虐の騎士ミレス -忘却の果て、淫触受胎-
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: