おうとつげぇむ録 LILITH-IZM 04〜褐色編〜

LILITH-IZM 04〜褐色編〜

タイトル:LILITH-IZM 04〜褐色編〜
ブランド:LILITH
ジャンル:日焼け褐色娘ときに触手もアドベンチャー
ハード:Win:2000/XP/Vista/7

 テーマに沿ったシチェーションに合せて、既存タイトルの短編を詰め合わせたオムニバス作品。

「褐色」がテーマで作品は、「Tentacle and Witches」「対魔忍アサギシリーズ」「魔法少女イスカ」「魔法少女スバル」

 例の如く4作ともプレイしたので……



 う、ううん微妙だ。

 いや本編で肌が白かったヒロイン達が日焼けしているという要素自体は悪くなかったと思います。水着の日焼け後という鉄板要素はなんだかんで悪くないですし。
 ただなぁ……結局は「ヒロインが日焼けをした」という一点突破な内容な上に取り扱うシリーズが多いもんだから全体的に内容が薄味なのは否めませんね。
 個人的に良かったのは「対魔忍アサギ外伝」時点で「魔法少女イスカ外伝」かなぁ。この二つは元々がハードな内容なので、いつも通りにやっていれば「褐色」を含めたもう一アクセントになるというのが強いなって思いました。

「Tentacle and Witches」もコンセプト的には頑張っていた気がするんですけどね。結局「褐色娘とセックスした」以上の内容が無いからワザワザ外伝として出張った必要性があまり感じられない点が微妙でしたね。

・Tentacle and Witches外伝
 皆で旅行に行く計画を立てたけど、リリーが我侭言って二人だけでプライベートビーチにいってイチャラブセックスした。

 内容的にはコレだけですね。褐色ロリヒロインと色んな体位でセックスしましたよ以上のものがなく。「まぁセックスしてたな」以上の感想も抱けないですね。壱郎君がもうちょっと人間離れした精力を発揮してリリーももっとグチョグチョにしてくれれば良かったのになぁ。

 今回の中で唯一の純褐色キャラなのにただイチャラブセックスしているだけというのは非常に勿体無いなぁ。むしろ純褐色キャラだからイチャラブセックスに終始したのだろうか。内容的には間違ってないんだけどやっぱり物足りないかなー。

・対魔忍アサギ外伝
 任務で凶暴な魔獣と戦うアサギ。思わぬ苦戦を強いられながらもサクラと紫の力を借りて辛くも勝利する。しかし魔獣の血に対魔忍の力を封じる罠が仕掛けられており。血を浴びた3人は対魔忍としての力を失ってしまう。力が戻るまでの間組織のプライベートビーチで休暇を楽しむこととなったが、情報屋を営んでいる魔族がいち早くその情報を手にしアサギを捕らえて陵辱する。

 力を失った対魔忍とか犯してくださいと言わんばかりですね。失ってなくてもそんなんだけど。

 なんかアサギさんて作中で滅茶苦茶強いみたいに言われてるけど、毎度苦戦してる気がする。一方的に殺せたのって無印の朧位じゃねぇかな? やっぱり感度三千倍が……
 魔獣との戦闘シーンでいくつか選択肢が出てきて、選択肢によってはアサギさん一人で魔獣を片付けて何も起こらずハッピーエンドみたいな流れになったりするのですが、忍術を使おうとすると物凄いピンチになっているのがなんか面白かったです。
「この忍術があるからアサギは最強なんだ」みたいな説明があるから余計面白いですね。だって忍術使わない選択肢だと普通に魔獣を倒せてるんだもんな。あれかな格ゲーで覚えたばっかの超必を撃つことばっか考えていると好きだらけになっちゃって撃つ前にこっちがKOされるみたいな。そんな感じなのだろうか。

 しかしアサギさんって本当に無防備だよな。いくら懇意にしてる情報屋であっても魔族なんだからもうちょっと警戒心をですね……。といっても僕達は「あぁ今回はこいつが竿要員か」とメタ的に理解できますが、アサギさんは割りと真剣に信用していたのかもしれないですね。そう考えるとアサギさんて仕事の内容の割りに種族で人を差別しないんだな。
 まぁでもアンタ対魔忍の力があってもそこらのチンピラに胸を揉まれただけで無抵抗になっちゃう位の感度なんだからもっと警戒心持つべき。
 
 内容はいつもどおり触手と魔族の極太チンポに犯されるアサギさんですが。陵辱役が触手能力を持った魔族一人だけなので初っ端からバンバン犯していくノリが良かったですね。なんか対魔忍の世界ってもう普通のチンピラ数名に廻されるくらいじゃ物足りない感じになってますからね。最初っから異世界陵辱をバンバン入れてくれたほうが爽快感がありますよね。

 どうでもいいけどアサギさんてあんまり妊娠しないよね。いや妊娠事態はよくしてるけど、なんか孕み辛そうな体質な気がする。今回だって強制的に排卵させられて「妊娠率ほぼ100%だぁ!」みたいな感じで中出しされてるのに、あとから犯されてるサクラや紫の方が先に妊娠してるんだもんな。あんだけ繁殖力凄いみたいに言われてる魔族にやられてもこれとか、もう人間の精子じゃ受精できない体なんじゃねぇの? こういうこと言うとアサギさんが真に受けてショック受けそうだからアサギさんって可愛いよな。

 対魔忍の力がなくなった今、薬を飲まないと快楽で狂い死ぬとか言ってる割に、バッドエンドだと全然普通そうなのはちょっと残念でした。でもハッピーエンドだとあの後すぐ対魔忍の力が戻る展開だし、実はあそこでも既に力は戻ってるのかも知れませんが。

 どうでもいいけど紫ちゃんは完全に堕とされると様づけしてくれるんだな。レズヒロインがレズ精神を保ちながらも様付けして慕ってくれるさまは中々どうして悪くなかったです。サクラちゃんは今回死ななかったのでちょっと微妙かな。

 まぁでもアサギさんはいつも体を張って全力で陵辱されてくれるのでそんなアサギさんを見るだけで僕は幾分か満足なのです。アサギさんに対する評価甘いな本当。

・魔法少女イスカ外伝
 学校の行事で海へと訪れたイスカとつみき。その海では人が度々居なくなるという事件が多発しており、その犯人は魔族であった。隙をつかれて捕まってしまった二人はイスカがサテュルメマグネシアを起動できず成すすべなく陵辱されてしまうのだった。

 そもそもつみきちゃんって本編だと死んでるはずで、どういった位置づけの話なんだろうと思っていたけどこれはイスカの見ていた妄想(夢?)という解釈でいいんだろうか?
 それともあの廃ビルの所で精神攻撃を受けており、戻って来れなくなったのが陵辱エンドという事? でもその割りに行方不明者リストに二人の名前が追加されるって終わり方なのでなんだかよく分からんちん。

 陵辱内容自体は別にそんなでもないんですけど、最後の触手に囲まれながら生やされたチンコでつみきちゃんとイチャラブセックスしてるスバルは良かったです。

 しかし操られた人間に押さえつけられた時に「変身さえ出来ればぁ」って悔しがってますけど魔女って変身しないと普通の人間レベルの身体能力なんだってちょっとビックリしました。魔族や魔女狩りと戦えないだけで、変身しなくて普通の人間くらいは縊り殺せるくらいの膂力を持っているもんだと思っていたの意外でした。
 触手に捕まった時も言ってたけど触手に捕まったら変身しててもいつも抵抗できてねぇじゃねぇかってちょっとホッコリしました。

 でも結局どういう話なんだろうな? まぁでも夢のなかで触手にまみれてつみきちゃんとレズセックスしたいとイスカちゃんが考えている思うととても幸せな気分になれるので私の中では「イスカの妄想」という「方向で行こうと思いました。

・魔法少女スバル外伝
 スバルとセッカを連れて海にやってきた夕夜は不思議な少女から「この海に来たカップルは仲違いをする」という噂を耳にする。事実あちらこちらで仲違いをするカップルを目撃するが、スバルとセッカは魔族の仕業である事を微量の魔力から突き止め、魔力を辿って退治に向かう。しかし感情を操る魔族に攻撃を受け成すすべもなく陵辱されてしまう。

 スバルもセッカも何も出来てないんですけど・・・・・・。触手に犯されるか、夕夜を襲うかのどちらかしかしていない。この子達本編後も魔族との戦いに身を投じていった筈なんだけど、本当に大丈夫なのだろうか。

 話としては「魔女狩り殺し」を探してたら偶々夕夜と再開したので封印した記憶を解除して久々の団欒を楽しむことにしたという感じ何だけど、これはどうなんだろうね。そもそもなんで最後夕夜の記憶を封印したんだっけ? 魔女狩りに襲われると危ないからだっけ?

 イスカちゃんが出てきたのはちょっとビックリしました。あんなにボロ雑巾になっていたイスカちゃんが立派に魔族を退治して二人の魔女から頼りにされているのは非常に感慨深いですね。
 スバルとセッカがイスカを探しているというのはなんか納得が行くというか安心する展開ですね。本編のエンディングだとこれから最終決戦に赴くみたいなノリだったけど「君達あんまり強くないんだけど大丈夫なの?」みたいな気持ちが強かったからなぁ。戦力としてイスカを探しているというのは非常に納得の行く流れですね。
 今回の体たらくをみるとスバルとセッカじゃとてもじゃないが何とかなるとは思えないからな。というかセッカはまだしも、スバルは魔女狩りの力も得て一応それなりの力を持っていた記憶がするんですけどね。何だろうね実戦経験が足りないのだろうか。

 触手も3Pもなんか中途半端でエロシーンはちょっと微妙でした。

・スバル3D
 最初3Dモデリングされたスバルを見て「うぉっ! キモ!」って思いましが動いているのを見ると中々どうして意外と可愛かったです。なんかひたすらスバルの尻を撫でるゲームでしたね。
 頭撫でられてニヤニヤするスバルちゃんは結構可愛かったです。セックスシーンは微妙でした。

評価
ストーリー: ★★
キャラクター:★★★
エロ比率:  ★★★

LILITH-IZM04~褐色編~
LILITH-IZM04~褐色編~
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: