おうとつげぇむ録 魔降ル夜ノ凜

魔降ル夜ノ凜

タイトル:魔降ル夜ノ凜
ブランド:LiLiTH
ジャンル:剣客娘を発情させてボテ腹にするADV
ハード:Windows:XP/Vista/7/8

 なんか「LiLiTH」率高いなぁ……

 基本的に「おっぱい」が大好きな所為もありますが、「LiLiTH」系列の精液の描き方が私好みと言うのもあるんですよねー

 因みにアヘ顔はそこまででもないです。


 話はいつものアレですね。主人公がSEXしないとヤバいことになるのでヒロインがなんだかんでSEXしてくれる話。今回はSEXしないと主人公が化け物になっちゃいます。

 察しの良い方なら、「最後は主人公が化け物の力を使いこなせるようになってヒロインを助けるんだな」と思う事でしょう。

 正解です。

 まぁエロい事が主眼のゲームですからそんなんで良いんです。お約束だろうが捻りが無かろうがフレーバーとして話の体裁が最低限整っていれば。

 しかしこの主人公が化け物になりかけているっていうのが今回「エロい」事としても重要なんですよね。もちろんヒロインとヌップヌップする為の理由づけというのもありますが今回は凄いです。

 主人公の精液に媚薬効果がプラスされます。

 成程!

 そりゃあエロゲ―の化け物ですからね精液に媚薬効果位ありますよ。そしてその化け物に主人公はなりかけてますからね。その主人公の精液にも媚薬効果がでても何らおかしくないです。

 一部の隙もない完璧な設定です。

 恐れ入ります。

 そしてジャンルを見ると多くの人は「ヒロインを孕ませる」ということもセールスポイントの一つとなっているんじゃないかなと思うことでしょう。これもエロゲ―には多いですよね。

「○○なあの娘を孕ませよう!」みたいな。

 でも正直エロゲ―ですからね。多くのゲームは最終的に大体孕んでるんですよね。そこまで大体的にセールスポイントになりえる要素ではないんですよね。

 しかしこのゲーム主人公が化け物になりかけです。

 なんと精液の量が増えてます。

 あまりの量の為中出ししたヒロインのお腹も妊娠したかの如く膨らみます。

 そう「妊娠」させずに「ボテ腹」にするんですね。「発情させてボテ腹にする」という要素を主人公が化け物になりかけと言う一つの要素で解決させたのです。

 一部の隙もない完璧な設定です。

 恐れ入ります。

 ただ「ヒロインといちゃラブする」というわりには最終的に主人公の精液の媚薬に頭がやられちゃった様にしか見えませんがまぁ些細な事です。

 しかし「LiLiTH」のシリアスな世界観のゲームってなんか新作が出るたびに真面目パート比率がどんどん増えてる気がします。今回も戦闘パート結構長いうえにボスもしぶとくて後半結構ゲンナリしました。

 ヒロインの必殺技とか見ると「fateみたいなゲーム作りたいのかな」とちょっぴり思いました。

評価
ストーリー:   ★★
キャラクター:  ★★
エロ比率:   ★★★
設定の使い方:★★★★

魔降ル夜ノ凜
魔降ル夜ノ凜
 
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: