おうとつげぇむ録 煌速聖姫パラスアテナ

煌速聖姫パラスアテナ

タイトル:煌速聖姫パラスアテナ
ブランド:DWARFSOFT
ジャンル:AVG
ハード:Win:Vista/7/8

 なんか変身ヒロイン物が続いてるなぁ。
 


 学校で虐められる毎日を送る『下田琢男』は、ある日正義のヒロイン『パラスアテナ』の正体がクラスメイトである事を偶然知る。だけでなく、パラスアテナ達は戦うと発情してしまうという秘密も握ってしまう。
 それ以降、琢男は彼女たちの戦いの現場に先回りしては、戦闘後のオナニーシーンを撮影してズリネタにすることを生きがいとしていた。しかし、彼女たちの周囲を嗅ぎまわっている事を組織に見つかり誘拐されてしまう。
 パラスアテナに関する記憶を消される寸前の所を悪の組織『バル帝国』の幹部『ネフィラ』に救われる。彼女はパラスアテナに対抗するために、琢男の握った秘密が目当てであった。
 逃げるときに重傷を負った琢男は治療の為怪人の細胞を移植され、絶大な精力と性器を手にする。元より地球に居場所の琢男はバル帝国の特別軍事顧問として二人のヒロインを性奴隷にするべく、悪の組織に協力するのだった。


 おちんぽに屈服しちゃう系正義のヒロインですね。

 まぁしないほうが珍しいけど

 序盤にヒロインのどちらかを誘拐するかを選び、誘拐された方は悪の組織内で屈服調教され、残った方は敗北凌辱メインに進行していく感じですね。
 片方のヒロインばかり優先していると、心の折れてないもう片方に裏をかかれてBADENDになってしまいます。なので必然的に個別ヒロインエンドは存在しない構成となります。

 一応悪の女幹部もサブヒロインとして存在していますが、あくまでも添え物という感じですね。ハーレムエンドでとりあえず加わるくらいの立ち位置。
 ハーレムエンドでヒロイン二人をチンポでズコズコしてる横で「私だけバイブだなんて悔しいぃ~」とか言ってるのは面白かったですけどね。

 シチュエーション的には触手でヌルヌルするよりも、無理矢理デカチンコでズコズコする方がメインな感じですね。比率的には半々位なんですけど、どっちかというとチンコを使ってのシチュエーションの方が力が入ってるように感じますね。

 なんでどっちかといえば強気な性格の朔夜さんの方が、内容的には良かったかなぁという感じ。
 やっぱり、無理矢理や無抵抗の相手に命令するシチュエーションだと、口だけでもこちらに敵対している態度を見せている方がそそりますよね。

桃香ちゃんも一応は屈服しないぞ! というスタンスはとってくれますけど、「私は絶対に負けないんだからぁ」程度の態度だけだとやっぱり物足りませんよね。

 あなたって本当に最低のクズね!

 位の気概を見せてくれた方が、その後の無茶苦茶加減に味が出てきますね。

 桃香ちゃんも、精神的に弱ってる所を理解者の振りをして近づくというシチュエーションはなかなか良かったんですけどね。まぁ如何せん一回しかその展開も出てきませんしね。

 ヒロイン凌辱としてはそこまで目新しい感じではないですけど、無難によく出来たかんじですね。

評価
ストーリー:★★
キャラクター:★★★
エロ比率: ★★★★

煌速聖姫パラスアテナ
煌速聖姫パラスアテナ
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: