おうとつげぇむ録 隣の席のギャルビッチ 〜僕は彼女のセックスフレンド!?〜

隣の席のギャルビッチ 〜僕は彼女のセックスフレンド!?〜

タイトル:隣の席のギャルビッチ 〜僕は彼女のセックスフレンド!?〜
サークル:FrailSoft
ジャンル:アドベンチャー
ハード:Win::2000/xp/vista/7/8

 もうエロ媒体に置けるビッチの特殊性ってカラオケやプリクラ機でセックスする位な気がする。


 主人公の隣の席は、学校でも有名なビッチ。彼女は授業中にパンツ丸出しの格好で、スマホゲームに熱中するのが常であり、主人公はその下着を隠れて覗き見るのが日課となっていた。
 しかし彼の行動は、ビッチにすっかりバレており、ズボンの上からでも勃起がわかる程のペニスの大きさに目をつけられてしまう。
 一度つまみ食いされ、期待以上の大きさに満足した彼女は彼にセックスフレンドになろうと持ち掛ける。
 最初こそ戸惑いを覚える主人公であったが、彼女の魅力的な肉体に触れていくうちに次第に病みつきになっていくのであった。


 童貞が一物の大きさからビッチに目をつけられちゃう系の話ですね。

 まぁビッチ物の基本ストーリーですよね。
 オタクで冴えない主人公だけど、おっかなびっくりビッチと関係を持っていくうちにビッチを翻弄するくらいに性行為に手慣れていく的なね。

 内容的には学校内で隠れて~というシチェーションが多いですね。
 こういう主人公がオタク男子だと、学校内のみでの関係な方が、ビッチ感が出るんだなーと思いました。

 なんというんですかね。
 オタクとビッチだから決してプライベートでは噛み合わない感といいましょうか。
 だからこそセックスのみの関係感がでてインモラルさを感じるというか。

 まぁ最終的に学校の外でも会ってましたけど

 そこら辺は、主人公も性行為を得てビッチよりの志向が理解できるようになってきた描写もあるのでそこまで悪くはありませんが。

 といっても、やっぱり竿要員が固定化されているとやっぱりビッチとしてのキャラは弱いなーと思っちゃいますね。
 この作品、言葉の端々にビッチさを感じられる様な努力は見られるんですけどね。

 援交をしていたような発言とか、「アナルは久しぶり」とか。
 ただやっぱり、現状のセックスフレンドが主人公だけというのがちょっと残念でしたかね。

 主人公がダウンしたら、セックス相手がいなくてオナニーにふけるよりは
 適当な男ひっ捕まえて発散している位じゃないと、エロゲー界で生き抜くにはビッチ力が足りませんね。

 ただこの作品、ヒロインの髪型、肌の色、下着の色を変えられるのですが
 それのお陰で、視覚上における「自分の思い描くビッチビジュアル」を投影させることで、普通よりビッチ感を出すことができるのでそこは良い機能だなと思いました。

 最終的に、主人公一筋とかにならずに、セックスフレンドの関係に終始したのも良かったです。

評価
ストーリー:★★
キャラクター:★
エロ比率:★★★★

 隣の席のギャルビッチ ~僕は彼女のセックスフレンド!?~
隣の席のギャルビッチ ~僕は彼女のセックスフレンド!?~
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: