おうとつげぇむ録 乙女恋心プリスター

乙女恋心プリスター

タイトル:乙女恋心プリスター
ブランド:ESCU:DE
ジャンル:恋愛育成バトルSLG
ハード:Win:XP/Vista/7

 今年の1月に買ったGyuttoの福袋(ダウンロードだけど)に入っていたやつの一つですね。

 福袋年始に買ってまだ消化できてないんですけどー



 三国に分かれているとある世界。
 ここでは、女性の心が具現化したプリスターという生命が存在する。
 プリスターは不思議な力「マホウ」を使うことが出来、それを研究していき人類の文明は発展していった。
 しかしプリスターを取り込み女性の心を奪う「プリズム」がどこからか湧いて人々は恐怖に苛まされる。
 そんなプリスターに唯一対抗できる世界の救世主「マホウ少女」を輩出する為の4年に一回のお祭り「マホウ少女決定大会」が今年もやってきた。
 各国のそれぞれの人々が、それぞれの理由を胸に通称マ決大会へと挑もうとしていた。 



 めっちゃ疲れた……

 「育成バトル」というジャンルから分かる通り、ヒロインを育成して戦いを勝ち抜いていくというシステムなんですけど、3国それぞれに主人公が存在しており、それぞれストーリーも個別なんですよね。

 のみならず、ヒロインも1国につき4名おり、計12名のヒロインとルートが存在しているわけですよ。
 12名ですよ!?

 シスター・プリンセスかっつーの!
※妹は攻略できません

 まぁ同国内のルートであれば細部を覗けば殆どは共通したテキストでありますが、その分道中の戦闘もこなさなければならないわけで、結局コンプリートに掛かる時間はそこらのエロゲーの倍以上の時間が掛かりましたね。

 どうにも私はこう「テキストやエロ以外にもちゃんとゲーム要素があるエロゲー」というのが苦手だなぁ。
「嫌い」という訳ではないんですよね。
 ただ、最終的にエロ要素とかそこら辺が割とどうでも良くなってきちゃうというか……そっちの方にばっかり頭がいっちゃっていて「エロゲーをやっている」という事が脳内から抜けてきちゃうんですよね。
 なんか普通にキャラクターの育成方針とか技の構成とかそっちばっかりに意識が向いちゃうんですよね。

 まぁなのでゲーム自体は面白かったです。
 そもそも、三国それぞれの主人公とヒロインに加え各国別に個別キャラクターも作って……とこれだけでも、なかなかの力の入りようなのに、戦闘システムに加えて周回のやり込み要素などもありますからね。

 なんかこう「気合入ってんなー」と感じるゲームはそれだけでなんかやっていて楽しいですね。

 ただめっちゃ疲れた

 戦闘はポケ〇ンのローテーションバトルに近い感じですね。
 4匹のキャラクターに前衛一人と後衛3人で戦い状況によって前衛を入れ替えながら互いの総HPを削り切った方の勝ちという物。
 ヒロインとの絆の深さによってプリスターの能力も上がっていくので、最終的に攻略中のヒロインがリーダー(戦闘開始直後の前衛)になる感じですね。

 ストーリー上の難易度は中の下位でしょうか。普通の育成バトル物に比べると敵の強さやAIが大したことないので、無駄に冒険心を出さなければそこまで手こずることはないでしょう。
 ただよくあるカレンダースケジュール方式なので、シビアと言えばシビアですね。特にラスボスだけ異様に強く設定されているので、育成や技の習得をあまり考えずに行うとつまずく可能性が高いですかね?(それでも普通のRPGなどに比べれば楽ですが)
 まぁ攻略ヒロインの物理を上げて殴っていればどうとでもなるでしょう。

 同国内の2週目は能力を引き継いだ状態で始まるので、それ以降は圧倒的な暴力による蹂躙ゲームになります。
 ただ大会の対戦相手で一番ポイントの高い選手は能力が結構高めなので「もっとギリギリの戦いがしたい」人は、一番下の選手を選んでいけば2週目中盤位まではそこそこ歯ごたえがある……かも(1週目の育成具合によるけど)

 ヒロインの攻略自体もさほど難しくないですね。
 殆どのヒロインは依怙贔屓してれば大体メロメロになります。……が育成ばっかりに注力していたりすると、ルート分岐に重要なイベントをスケジュールに組み込み忘れたり、期間内に消化しきれなかったりして積みます。
 正直戦闘よりもこっちの方が厄介ですね。

 1週目はフラグを逃さないように注力しながら、有用な技を探し、育成を気に掛けると結構手探りでやらなければならないことが多いので結構大変ですね。
 まぁ育成はずっと同じ訓練していれば何とでもなr

 なんだかんだ言っても基本的にはどの国でも1週目さえ乗り切れば、割とサクサク進みます。
 私みたいに国別にセーブデータを分けてさえいなければ。

 最後の最後で泣きを見るので本当にやめましょう。

 国によってキャラの絵柄が違うのは面白いなーというか、上手いこと考えたなーという感じですね。
 一目で他国の人間だと分かって良い表現方法だなーと思いました。

 しかし、世界設定はなかなか面白いんですけどイマイチ良く分かんないですよね。
 プリスターによって発展したとか言われても全然ピンと来ないぜ。
 あの珍妙な生物たちをどう調べたら家電が作れるようになるんだぜ?
 優勝の褒美として完成した技術が手に入るって事らしいけど、流石にあの世界にある技術全てが優勝の褒美だけの技術とは思えないから、いくらかはプリスターを研究したことによって得た技術もあるんだろうけど、イマイチそこらへんフワフワしているよね。

 ちょっと残念だなーと思ったのが、折角女性4人で1チームなのだから、ライバルも4人のカルテットをちゃんと出せば良かったのになーと思いますね。
 4人で1チームなのに毎回決まった一人しか絡んでこないからなんか、ちょっとだけ違和感あるんですよね。まぁ4人も出てきたら出てきたで画面がゴチャつきそうですけど。

 どうでもいいことですけど、この世界の女の子も大変だなぁと思いました。
 自分の心が具現化した際、ぬいぐるみみたいな奴だったり、動植物を模したマスコットとかならいいですけど
 あからさまにイカな生物が出てきたとあっては死にたくなるのではないだろうか……
 他のモチーフはちょっとばかしデフォルメとかされてますけど、あからさまに1匹どう見てもイカがいるからな。
 気休めに小さめの目がついてますけど、遠目から見ると完全にイカですからね。

 ランカとか不可能型がなんだとか言ってましたけど正直イカより全然マシだと思う。

 お前心がイカだった女の子の気持ち考えたことあんのかよ!


国別感想

評価
ストーリー: ★★★
キャラクター:★★★★
エロ比率:  ★★
戦闘システム:★★★

乙女恋心プリスター
乙女恋心プリスター
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: