おうとつげぇむ録 乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~

乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~

タイトル:乙女恋心プリスター FANDISC~もっとHに恋せよ乙女!~
ブランド:ESCU:DE
ジャンル:エッチもるもるADV
ハード:Win:XP /Vista /7

 タイトルの通り「乙女恋心プリスター」のファンディスク

 これも福袋に入っていたやつです。


 今作は本編の各ヒロインルート後のアフターストーリーとサブキャラだったキャラクターをヒロインに据えたI Fルートを加えた計19個の短編詰め合わせですね。
 あとは壁紙とか音声とかのおまけ要素がチラホラといった感じ。

 各話短い話の中にHシーンが1~2回挟まれる構成ですね。
 本編がやたら時間喰ったのと対照的に各話サクッと終わります。
 まぁ本編の大半は戦闘時間みたいなもんですけどね。

 追加ヒロインは、各国ライバルのキネス、ミトラ、ミル・オキタと、それぞれの受付嬢にシムハザ四天王といった面々。

 えっ! マルチナお姉さんは昇格なしですか!?

 おいおい本編でもヒロインに列してないことにガッカリしたが、ファンディスクでもか……まぁ別にいいけど。

 個人的に追加ヒロイン達の話は結構微妙なのが多かったなーという印象。
 何というか、本編だとあんまりスポットの当たっていない子達だから、全体的にそのままセックスに持ち込まれる展開まで進展することがシックリ来ないんですよね。
 話自体も短いからそこまでヒロインの描写を事細かに挟めないし。

 あとマホウ少女って変身を解くとプリスターも分離するんだ……って事が分かってちょっとビックリしましたね。
 本編でのマホウ少女になったときは、プリスターが実態を無くしたことによる喪失感を出しながらも、元に戻ったことで常に共にあるという心の強さと成長を感じられて、個人的には熱くて好きな展開だったんだけどなー。

 マホウ少女になったヒロイン達も「身も心も通じ合ったけど殆ど会うことが出来ない」みたいな切なさを感じさせるエンディングが多かった割に、意外と気楽に会えるんですね。と思いました。

 まぁこれはヒロインによって結構差があるみたいですが、ミカンとかセネアとか見るとそんなに悲観するほど会えないほどでもないんだなーと思えますね。
 プリスターに関してもそうですけど、こう……ちょっと切なさを感じる話の締め方が好きだったので、ここら辺の描写は残念だなぁ。

 まぁファンディスクですからそんなに気分が沈む設定を忠実に守る必要もないのは解りますけどね。
 こういうのに必要なのはお祭り感ですし。

 キャラクター別簡易感想


評価
ストーリー: ★★
キャラクター:★★★
エロ比率:  ★★★
乙女恋心プリスター FANDISC ~もっとHに恋せよ乙女!~
乙女恋心プリスター FANDISC ~もっとHに恋せよ乙女!
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: