おうとつげぇむ録 ヨメ充!

ヨメ充!

タイトル:ヨメ充!
ブランド:脳内彼女
ジャンル:人生が充実しすぎたADV
ハード:Win: XP/Vista/7

 ヒロイン達が我を剝き出しにして口ケンカしてるとキュンキュンしちゃう。

 争え、もっと争え

 戦え……戦え……


 幼い頃両親とともに引っ越してきた「堀川英次」
 死んだ母親の形見である古書店を、学生ながらに経営し守りながら日々を送っている。
 そんな彼を甲斐甲斐しくサポートする幼馴染「郁乃」には感謝の念を抱いてはいるものの、その生活に違和感を覚え始めていた。
 ある日、母の形見もである、国の年代記を奪おうとする一団が現れる。彼らはとある国の皇族であるらしく、実は彼らの国宝である年代記を取り戻すためにやってきたのであった。
 彼らは手段を択ばず妹の「四織」を誘拐しようとまでしてくる。
 そこから妹を救い出したのは彼らと同じく年代記を取り戻そうと日本へやってきた「リーゼ」という少女であった。
 兄の過激な方法で無理矢理奪うことを良しとしない彼女は、兄たちを言いくるめる為に、英次と婚約し合法的に年代記を取り戻すことを宣言する。
 ひとまず事態は沈下したように思えたが、幼馴染の郁乃はリーゼと婚約することに大激怒しさらに混乱を極めるのであった。

 
 コメディ調強めのラブコメですね。
 コメディ部分は割と面白かったです。
 まぁ私がヒロイン同士のケンカが好きだというのもありますが

 話の本筋になると全体的に微妙な感じでしたね。

 なんか話にノリきれないというか、結局何がしたいのか良く分からないんですよね。

 母親の形見の年代記がガチファンタジーアイテムでどんな願いも叶える力を持っていた。
 主人公が古書店を必死に経営していたのは、昔年代記に郁乃が書いた願いが反映された結果。
 記憶の片隅にあるリーゼに会いたいという願いにより、その記述が修正される。
 結果主人公が誰と結ばれるかが曖昧な記述になる。


 ここまではいいとして

 記述を完全な物にして願いを実行するから、誰か一人ヒロインを選べ。

 いやなんで?

 そのままで良くね? というか、あとはなる様になればいいじゃん感があるから。
 さっさとヒロインを一人選べ、となる展開にイマイチ共感できないというか理解が示せませんね。

 まぁ結果的には、なる様になって両想いになったからその人物の名前を書き込む、という話ではありますが、それはそれで「両想いになったなら年代記に書き込まなくても良くね?」って思っちゃうんですよね。
 両想いになった後に、なんでも願いを叶える道具に「この二人が付き合う未来にしてくれー」って書き込むのが展開としてチグハグに見えるんですよね。

 そもそも、年代記の力を使わせない為に国から持ち出して、日本に隠し持っているという話なのに、幼馴染の日記帳として使わせている時点で話としては無理がある気がしますしね。

 主人公も主人公で一度覚悟を決めたように見えて各ルートに行くと「俺は誰かを選ぶ気なんかないんだー」とか言い始めて、「ハァ?」って感じだし、本当に何がしたいのか良く分からんストーリーでしたね。

 個人的には郁乃とリーゼの二人に視点が当たりすぎて、他のヒロインがおまけ以上のものになっていない気がしますね。
 正直ヒロインはこの二人だけにするか、もう一人いる位で良かった気がします。
 なんというか、あの流れの中あの二人以外と恋愛云々の話になるのがやっぱり無理がある様に感じるんですよね。
 まぁそこら辺は上手く性を絡める事で説得力を持たせてはいましたが。

 そのセックスシーンは割と良かった気がします。回数もそこそこですし、半端な関係の状態から性的な絡みが挟まるので、雰囲気的にアンモラルさが出ていたのは良かったです。

 その分、ヒロイン達が急にノリノリで淫語言いまくっているのはちょっと戸惑いましたけどね。
 初ペッティングですら、お口まんこが~とか、専用の性欲処理として~とか言い始めてビックリする。
 流石はエロゲヒロインといった所でしょうか。

キャラ別感想
 ※攻略した順

評価
ストーリー; ★★
キャラクター:★★
エロ比率: ★★★
ヨメ充!
ヨメ充!

関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: