おうとつげぇむ録 辻堂さんの純愛ロード

辻堂さんの純愛ロード

タイトル:辻堂さんの純愛ロード
ブランド:みなとカーニバル
ジャンル:不良娘といちゃつくADV
ハード:Win:XP/Vista/7

 内容とはまるで関係ないが制作会社はどのレベルまで一緒のカテゴリにするべきか悩む


 誰とでも分け隔てなく接すること以外は特徴のない平凡な学生「長谷大」は、学園の番長として有名な「辻堂愛」と町の祭事である「三会」を手伝うクラスの代表に選ばれてしまう。
 不良の彼女がそんな事を手伝うはずもなく、大は一人で活動に参加していた。
 しかし彼女の態度から本当は三会の準備に参加したいのでは? と感づき彼女に真意を尋ねると、番長としてのメンツが邪魔して三会の手伝いができない事を打ち明けられ、大は周りにバレずに参加できるように協力することにする。
 愛が三会の手伝いをしている所を敵対している不良グループのリーダーが目撃し、彼女が楽しみにしている祭りを潰そうと因縁をつけられてしまう。大は三会を守るため咄嗟に「祭りが楽しみなのではなく自分と付き合っているから手伝っているだけ」だと嘘の関係を教える。
 三会が終わるまでは嘘の恋人関係を続ける事になった二人であったが、準備を進めるうちに本当に心が通じ合っていく。
 だが、町中の不良から恨みを買い狙われている彼女と共にいることは大にとっては危険な事であり、愛は大との関係を終わらせることを提案するが……


 喧嘩最強で口も悪い不良だけど、恋すると一途で純情なの!キュンキュン!

 というヤンキーヒロインの王道的なアレですね。

 全体的には明るいノリ全開のドタバタラブコメディですね。
 キャラクター同士の掛け合いがテンポ良くポンポン進むので、結構読み進めていて面白かったです。

 不良とかがワラワラ出てきますが、基本アホばっかりな上、辻堂さん他数名がファンタジー暴力を有しているせいで、絡まれてもワンパンでギャグみたいな処理ができるのは良いですね。

 ただその分、後半「不良の暴力は怖いんだぜ」みたいなノリで話が進むのはちょっと、空気感が違いすぎて戸惑いますね。
 確かに序盤から辻堂さんとかが「不良に狙われて危ない」とか忠告はしてましたけど、如何せんギャグみたいなノリで不良を処理しまくっているせいか、「この作品の不良は怖い」というイメージが根付いてくれませんね。

 ギャグ主体の作品だとこういう所は地味に不利だなーって思いますね。

 シナリオ構成は、よく出来ているというか結構好きです。
「このキャラは特定の日に外せない用事がある」というイベントがあったとして、どのヒロインのルートに行っても、ちゃんとその用事が入っているのは結構好感が持てますね。
 流石に全部が全部という訳でもないですが、ここら辺がちゃんしてるとキャラクターが生きてる感じがして好きですね。

 ギャグみたいに散らされたサブキャラなんかも、あとから再登場したり等「唯の使い捨て」みたいな扱いがされてないのも良いですね。

 ヒロインはそれぞれキャラが立ってはいるんですが、結果的に「辻堂さんの引き立て役」みたいな感じになってましたね。
 辻堂さんのルートじゃないのに、結果的に彼女の方に目が行ってしまう感じがしてしまいます。
 それもこれも彼女が別れた後も、大君を守るために奔走しまくるので、そっちの健気さの方に意識が向いてしまうんですよね。

 なんか見ていて凄い不憫になりますね辻堂さん。
 もうヨリを戻すことは出来ないのに、主人公の為に奔走して、主人公の身を安じてルートヒロインと敵対して、でも最後は心で泣きながら二人の為に一肌脱ぐ

 見ていて気の毒になるわ!

 他のキャラのルートだと、物凄い都合の良い女みたいな立ち位置で可哀想すぎる。
 他の二人のルートをクリアした後に彼女のルートをやると妙なカタルシスがありますからね。
 ループ物でひたすらバッドエンドを拝んでようやくハッピーエンドに到達したみたいな、そんな爽快感。

「あぁ辻堂さんようやく報われたんだ良かった良かった」と心から思えましたからね。

 まさしく「辻堂さんの純愛ロード」といった内容でしたね。

キャラ別感想

評価
ストーリー: ★★★
キャラクター:★★★★★
エロ比率:  ★★★
辻堂さんの純愛ロード
辻堂さんの純愛ロード
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: