おうとつげぇむ録 あかね色に染まる坂 ぽーたぶる

あかね色に染まる坂 ぽーたぶる

タイトル: あかね色に染まる坂 ぽーたぶる
ブランド:GNソフトウェア
ジャンル:ツンデレ系学園恋愛アドベンチャー
ハード:PSP

「feng」が18禁ゲームとしてだした「あかね色に染まる坂」の全年齢版追加移植ですね。

 エロい事をしなくなった代わりに新キャラを追加してプラスマイナスゼロにするのはこの業界では良くあることです。このゲームも多分に漏れずそうなのですが、青少年の溢れんばかりの性欲を考えると明らかにマイナスの方が大きいのです……が

 エロを追加してキャラまで増えた「T○Heart2」とかありますからね。
 文句言ったら罰があたります。


 話をざっくり説明すると

 転校生が美少女だったばかりか親が決めた許嫁で同棲することになって――

 まぁ良くある話ですね。その間に主人公がヒロインの唇奪って嫌われたりとかやってますが基本どうでもいいことです。

 主人公の事を目の敵にしてたヒロインも日々の生活で彼を見直していきます。

 他のヒロインも妹、幼馴染、不思議ちゃん、不思議ちゃん、先輩、金持ちと、偏りはあれど個性的です。

 だがしかしそんなことはどうでもいいです。

 兎にも角にもこのゲーム、キャラクター同士のやり取りが気持ち悪いです。

 何て言うんですかね。主人公グループの方々、友人同士互いに認め合ってるんですね彼ら。
 
 これだけ書くと別に悪い事でもないんですけど。

A「いやーお前は本当凄い奴だよな。俺の友人にはもったいない位凄い奴だよな」

B「いやいやお前だってなかなかのもんだよ、本当お前が友達でよかったわー」

A「Cも凄い奴だよなーあいつには感謝してもし足りないわー」

B「だよなー」


 こんな感じの会話が度々出てきます。

 正直鬱陶しいです。

 そりゃあプレイしていて、このキャラクター達を性格悪いとか思いませんでしたけど。
 
 そんな褒めたたえるほどでもないのは確かです。

 一人の時にポツリとつぶやけばまだ良いんですけど。二人以上で口にだして褒めたたえる様はとても直視に耐えません。

 こいつ等のやり取りを見てると地獄のミサワさんの風雲児達を思い出します。

194e2dcf.gif

 参考画像

 あとこのゲーム、元裏稼業の人々が結構出てきます。裏稼業ってなんだよって感じですがスパイとか情報屋とかそんなの思い浮かべれば良いんじゃないかと思います。

 ぶっちゃけ主人公グループの何人かがそうなんですが……この設定必要なくないですかね?

 主人公の親父もその界隈では有名で、その親父から主人公は英才教育うけていて……これ必要ですかね?

 なんというかありとあらゆる要素が、主人公を褒めたたえる為だけに用意された設定にしか見えないんですね。

 なんせヒロインも7人中5人は開始時点で主人公に惚れているという厚待遇っプリですからね。

 学校でもアジテーターで大人気で学校の美人たちからはモテモテ、裏の世界で有名な親父から訓練も受けていて元裏稼業の人間からも一目置かれている。昔はヤンチャしてたけど改心して迷惑かけた人にもごめんなさいもしてる。ほら主人公って凄いでしょー偉いでしょーと制作側からの声が聞こえてくるかの様です。

 ……勘弁してください。

 正直ストーリー通して主人公をひたすら褒めたたえる内容でお腹いっぱいです。

 惚れた腫れたとかいっさい興味が持てませんでした。

 妹が自身のルート以外のエピローグに「私はまだ兄さんを諦めたわけではありません」って必ずいう負け犬っぷりは記憶に残ってましたが、それ以外は主人公を褒めたたえる事に比べれば瑣末な事です。

 いや実際やってみると解ると思うんですがそんな酷評するほど悪くは無いんですよ。

 主人公だって多少男子に当たりが冷たいですが基本いい奴です。ヒロイン達だってなかなか個性的な性格をしています。いい奴らなんです。それ自体は多分事実なんです。

 ただ主人公達の善性悪性は基本的に行動だけで見る側に伝えられればいいんです。それを口にだして度々褒めるから安っぽいんです。毎度プレイヤーに念押すかの様にセリフにだして褒めるからうんざりするんです。

 友達が会うたびに必ず1回は特定の人間を褒めてたらなんかウザいじゃないですか。もういいよってなるじゃないですか。

 そういう気分が味わえるゲームでした。

評価

ストーリー: ★★
キャラクター:★★★
ネタゲー度: ★★

あかね色に染まる坂
 あかね色に染まる坂 Volume.1
関連記事
ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: