おうとつげぇむ録 your diary +H

your diary +H

タイトル:your diary +H
ブランド:CUBE
ジャンル:恋愛アドベンチャー
ハード:Win:Vista/7/8

 いき過ぎたお節介は鬱陶しい


 主人公「長峰 智希」は、本を探しに寂れた古本に訪れる。
 そこでふと気になった本を手に取ると、本の中から少女が現れる。
「ゆあ」と名乗るその少女は、智希の神様であり、彼を幸せにするのが使命だというのだ。
 健気に自分の幸せを探すゆあの姿を見て、智希は自身の、そして周りの友人の幸せについて考えるようになる。

 出だしがファンタジー染みてはいますが、内容は割と普通の恋愛物のギャルゲーといった感じですね。

 各ルートの内容も、そこまで奇抜でもなく、割とテンプレ的というか王道っぽい内容に纏まっていますね。
 一つ一つのエピソードは、そこまで長いものではないのですが攻略ヒロインが7人と多めなのでゲーム全体としてのボリュームは結構あります。

 ただ全体を通して、イマイチ印象に残りづらい話だったなーと思いました。

 多分なんですけど、基本的にどのルートも、ヒロインの心情的な面が問題の話だったんですけど、どれもこれも結果的に「気の持ちようだろ」というか「気にし過ぎだろ」みたいな内容が多かった所為なのかなと思いました。

 もちろん、そこに至るまでの過去の経験やらトラウマもあるんですけど、「そこまでオオゴトにして拗れる?」みたいな、なんか極端な反応と態度になるヒロインが多くて「とりあえず落ち着けよ」みたいな気持ちになってしまいますね。

 あと、友人の響君と榎本さんの茶化しがしつこくて辟易する。
 彼ら、主人公の智希君と幼馴染の夕陽ちゃんをくっつけようと、事あるごとに策略を練ったり、「二人はお似合いだなー」的な茶化しを挟んでくるんですよね。
 最初は割と微笑ましく眺めていたんですけど、本当に隙あらば「お似合いだことヒューヒュー」みたいな感じでしつこく日常会話にぶち込んできて、共通ルートの中盤位から既にうんざりしてきますね。

 響君は他のヒロインとくっつくと、潔く祝福してくれるんですけど、榎本さんは往生際の悪い発言が多くて、「いい加減黙れよ」的な感情が出てきちゃう。
 ここまでくどいと、友人の恋を応援する面倒見の良さよりも、無粋とか余計なお世話感が凄い色濃く出ちゃいますね。

 実際彼らがあまりにもしつこく夕陽さんをプッシュして来るもんだから、彼女のルートに入る前から夕陽ちゃんに対する印象がだだ下がってましたからね。
 他のキャラのルートに行こうとしてんのに、事あるごとに夕陽さんゴリ押ししてきて凄いウンザリします。夕陽さん全然悪くないのに、割りを食っていて若干気の毒ですね。

 そこら辺に目をつぶれば、恋愛アドベンチャーとして無難な感じで面白くはありましたが、ただやっぱり、話としての起伏が無いせいか全体的に物足りなさが出てしまいますね。

 登場人物たちがやたら気負ってる割には、重苦しさはあまり感じないので気軽にプレイできる感じは悪くないんですけどね。

 ルート別感想
 ※攻略順

評価
ストーリー: ★★★
キャラクター:★★★
エロ比率:  ★★
your diary +H
your diary +H
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: