おうとつげぇむ録 アマガミ

アマガミ

タイトル:エビコレ+アマガミ
ブランド:エンターブレイン
ジャンル:恋愛シミュレーション
ハード:PSP

 主人公の橘純一は、昔クリスマスで嫌な思いをしたことからクリスマスと恋愛ごとに苦手意識を持っていた。

 しかし寂しい高校生活を送っている内にコレで本当に良いのかと思う様になり、クリスマスまで1カ月に迫った時

 今年のクリスマスは女の子と過ごせるようにと一念発起するのだった。


 いやぁ面白いですねコレ

 コレは凄いです。ちょっと久々に感心しちゃいました。

 まずキャラクターが凄い魅力的です。

 ヒロインを始め、主人公、友人にサブキャラと皆キャラクターとしてしっかりしていて尚且つ魅力的に描かれているんですよね。

 そして何よりシステムが凄い快適です。

 最初説明書を読んだ時は、何が何やら全く解らなかったのですが、2周3周としていくうちにシステムに馴れきったあとの快適さといったらありません。

 1日のやり直しも手軽に行え、もの凄くテンポ良くゲームを進める事ができるんですね。イベント数が多く、尚且つ自分で選べるので何周かしてもマンネリ感がないのもポイントですね。エンディングの数も多く、ここまで何周しても苦に感じなかったゲームも久々です。

 ゲームシステムに馴れてしまえば、ゲーム1周するのにも対して時間が取られないんですよね。恋愛ゲーム系は1周に時間が掛るのがネックでやりなおすのに結構根気がいるジャンルですが「アマガミ」はそんなこともなく快適に進める事ができてかなりノンストレスです。素晴らしいです。一種の完成系といっても差し支えないです。

 このゲームのシステムの一つに「会話イベント」と言うのが存在するわけですが、ヒロインと会話して好感度ゲージを上げて行くイベントです。

 このイベントは自分からヒロイン達が興味のありそうな話題を9種類の中から選んで投げかけるんですね。その時に気分などによって4種類興味を持ってくれる話題がヒロインによって設定されており、見事興味のある話題を引き当てると会話が弾み好感度が上がる仕組みになっているんですね。

 それでプレイヤーからは、なんの話題に興味を示すかは基本的に解らない仕組みになっているのでスポーツが好きなキャラにはスポーツの話題とか、真面目なキャラには勉強の話題等と無難な話題を振っていくんですね。

 しかし幼馴染や中学からの友人キャラ相手だとどの話題に興味があるかがある程度プレイヤー側から解る様な仕組みになっているんですね。特に幼馴染の桜井梨穂子は初期状態であらかたのヒットする話題が解る様になっていまして、こういう所で設定上昔から付き合いのあるキャラとそうでないキャラを差別化する手法は凄い上手いですね。幼馴染という設定をかなり上手くシステムに組み込んでいてちょっと感動しちゃいます。

 兎に角ゲームテンポが良いのでサクサクできるのが私にスマッシュヒットだったので異常に評価が高いですが、それを差し引いても恋愛シミュレーションとしては出来は結構良く出来ていると思います。ストーリーに関してはそこまででもないんですけど、キャラクターが個性的なんでキャラが動いているだけで充分面白いんですね。

 サブキャラを含めた、あれだけの人数のキャラを上手く立たせるだけでもギャルゲーとしてはかなりの出来だと思います。

 個人的な不満点が特に見当たらないかなりの良ゲーでした。

評価
キャラクター:★★★★★
ストーリー: ★★
システム:  ★★★★★

アマガミ ちょっとおまけ劇場 EX5
アマガミ ちょっとおまけ劇場 EX5
関連記事
ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: