おうとつげぇむ録 てとてトライオン!

てとてトライオン!

タイトル:てとてトライオン!
ブランド:PULLTOP
ジャンル: 真夏の学園で恋を謳歌するAVG
ハード:Win/XP/Vista

 ピンク髪ツインテツンデレは腰に手を当てて人差し指を突きつけるポーズを良くする。


 リゾート予定地だった島に建てられた、最先端の技術を詰め込まれた学園「獅子ヶ崎学園」
 しかし、リゾート地さながらの快適な環境と最新のテクノロジーで防備されたセキュリティーは2年前に起きた巨大なハリケーンによりシステムに異常をきたしてしまう。
 以後学生たちにより、必死の復旧作業が行われるも、結果は芳しくなく度々起こるシステム障害により不便な学生生活を強いられていた。
 そんな中、学園の設計に関わった博士の息子「鷲塚慎一郎」が転校生としてやってくる。彼が博士に付けられた首輪の様な機械がシステム復旧のカギとなるものであったのだ。



 全部説明すると面倒なので、ザラーっと言うとこんな感じですね。

 人間が発する固有の波動を識別IDとして利用しており、主人公のIDと、特定のセキュリティ権限を持った人物のIDと組み合わせると最上位のセキュリティ権限を持つIDに変化して、暴走しているシステムを正常な命令に書き換えることが出来るぜ! と良く分からんがそういう事です。

 特定の人物(美少女)

 というのは当たり前の話ですね。

 ジャンル的には、ドタバタ系学園コメディといった感じですね。
 学園のシステム復旧に尽力する団体に入った主人公が、度々頻発する学園のシステムトラブルにヒロイン達とギャーギャー騒ぎながら解決していくという物。

 しかしなんというか、アレですね。

 ノリが若干古臭いですね。

 なんか90年代後半から2000年代位のアニメっぽい感じが凄い。
 作品の時代的にそれ位でしょうから、そりゃあ当然なんですけど。それにしても表現が凄いコテコ過ぎて昔流行ったアニメの再放送を見てるかのような気分になりますねコレ。

 ルリルリもどきがパソコン叩きながらそれっぽい用語を絡めた発言したり、悪戯大好き生徒会長とそれを嗜める副会長のノリとか、ラッキースケベのノリとかね。なんか凄い「うわぁーこんなノリの作品あったわー」という、昔の流行り物を改めて見ると起こる、懐かしさと気恥ずかしさが混ざった良く分からない気分にさせられます。

 なんかコメディの内容の面白さよりは、昔のノリで行われる古臭いやり取りについニヤつくみたいな感じになっちゃってましたね。作品本来のコメディ要素がどうだったかイマイチ記憶に残ってない。
 この作品が悪いわけじゃなくて私の問題なんですけど。

 ヒロインは全部で4人。
 基本的に皆、適当にイチャイチャした後は、また学園に被害が出るかもしれない台風に力を合わせて立ち向かうという感じの内容で、サラーっと終わっちゃいますね。
 こういうファンタジー科学の学園によくある、学園に隠された真相やら思惑やら、バックの謎の組織的なものにフォーカスが当たるのかと思ってましたが、別段そんな事はありませんでしたね。

 全体的には学園生活賛美的なものだったんだなーというのが、最後の最後で解放される(のかは知らんけど)エピソードで思いました。
「不便で問題ばっか起こって大変だけど、この学園は最高だぜ!」
 みたいなね。ヒロインが「この学園大好き」で締めるから、辛うじて分かりましたが、それが無かったらイマイチ伝わってこなかったかなーと思うな。

 問題は起こるけど、その度学園全体がお祭り騒ぎでみんなで楽しんで解決してるぜ! みたいな感じにしたいのは分かるんだけど、基本的に主要メンバーが動いてるだけだからなぁ。
 断水の時のバケツリレー位じゃないかなぁ。生徒一丸になってる感じだったのは。

 もうちょっとネームドキャラとか増やして、基本的な施設全般も学生が運営している感をちゃんと出せれば違ったかもなーとは思いますけどね。飲食店と報道部と警備位しか活動している描写がないから、他の学生達は何してるのかが伝わってこないですね。
 もうちょっと色んな店で働く学生の描写とかあればよかったかなとは思いますね。

評価
ストーリー: ★★
キャラクター:★★
エロ比率:  ★★

 ココロ@ファンクション!
ココロ@ファンクション!
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: