おうとつげぇむ録 桜吹雪~千年の恋をしました~

桜吹雪~千年の恋をしました~

タイトル:桜吹雪~千年の恋をしました~
ブランド:Silver Bullet
ジャンル:桜舞う学演華劇ADV
ハード:Win: XP,Vista


 前世物は後半急にファンタジー色強くなるから困る


 母親が死に、一人になった主人公「柊一成」
 そんな折、腹違いの姉である「天蕗雪花」手引きにより、超お嬢様学校「花宮学院」へと入学することとなる。
 男の割合が1%もないばかりか、住む世界の違うお嬢様達とも反りが合うはずもなく、一成は入学早々孤立していくこととなる。
 そんな中、学院で近々開催される文化祭「花仙祭」の実行委員長である「桜森紅紗」に実行委員として任命されてしまう。
 他の一般学園への転入を条件に協力を決めた一成は、自由の為に花仙祭実行委員として奔走することになる。

 
 と、そういう感じの話ではありますが。
 ジャンルがジャンルなだけにこういう「主人公が学園から逃げる」という目的は最終的にうやむやになるのが必然ですね。
 ヒロインと恋仲になっちゃうからね。

 内容的には結構ファンタジー色強めな感じですね。
 そもそもこういった「超お嬢様学校」がある種のファンタジーみたいなものですが、それとは別に、前世が絡んだ転生やら遺恨やら超常現象やら、魔法染みたあれこれやらが後半ゾロゾロ出てきます。
 それとなく匂わしてはいるんですが、こういうのって出てきたら一気にそっちの空気に偏り出して、私は結構置いてきぼりになっちゃうんですよね。
 
 それでもなんやかんやで楽しめましたね。
 基本的に「前世での恋が~」うんちゃらの話は嫌いな私ですが、これといった嫌悪感も感じずにスムーズに楽しめた印象です。
 多分なんですけど、主人公たちの関係が進展するうえでは「前世での話」は一切関係ないのが良かったんだと思います。
 最後に明かされるのもファンタジー舞台の種明かしみたいなものなので基本的にはその前振り程度の話で落ち着いてるんですよね。
 なので「前世でも惹かれあってたから運命的な恋なんだー」みたいな、しょうもない話じゃなかったのは純粋に良かったですね。

 前世での出来事を夢に見るというのは、ありがちな内容ですが、どのヒロインのルートでも基本的に「夢見が悪い」程度の扱いですからね。

 あと基本的に文化祭を成功させるというのがメインな話な訳ですが、生徒会に位置する集団を筆頭に、色々活動の邪魔をしてくる人達がいるのですが、彼女達も別段悪人ではないというのも、陰険な話なのに気持ちよく楽しめた要因の一つな気がしますね。 
 確かにそれぞれ底意地が悪かったりとかするんですけど、普段日常的に会話する分には、常識的で友好的な態度なのが見ていて気持ちがいいんですよね。
 あくまでも所属団体の一員としての立場、態度であって、普通に接する分にはそこまで悪い人ではないというのが伝わってくるので、ちょっとしたいがみ合いもほのぼのとした面持ちで眺められるので安心感がありますね。

 今思うと、過去の遺恨やら贖罪とか結構ドンヨリしたテーマの割に、読後感自体はさっぱりしているので、キャラクター描写がかなり上手に回ってたんだなーと感じます。
キャラクター別感想


評価
ストーリー: ★★
キャラクター:★★★
エロ比率:  ★★
デビル:   ★★★★★


桜吹雪~千年の恋をしました~
桜吹雪~千年の恋をしました~"
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: