おうとつげぇむ録 花鳥風月~恋ニヲチタル花園ノ姫~

花鳥風月~恋ニヲチタル花園ノ姫~

タイトル:花鳥風月~恋ニヲチタル花園ノ姫~
ブランド:Silver Bullet
ジャンル:乙女の花園華劇アドベンチャー
ハード:Win:XP /Vista

 惰弱(特に言うことが無いの意)


 主人公「柊一成」は、姉のたっての願いを聞き、数多くのお嬢様が通う「花宮学院」に通う事となる。女装で。
 しかし、早々に学院の権力者である「桜森杏子」に目を付けられ退学の危機に陥る。
 間に入ってくれた姉のお陰で退学は免れたものの、学院を統治する組織「花園会」の跡継ぎ候補として杏子他3名の下で働かなければならなくなってしまう。
 個性派揃いのメンバーに最初は面を食らうも、次第に尊敬の念を抱き彼女達の力になりたいと一花(一成)は思うようになっていく。


 というわけで、「桜吹雪」のスピンオフ作品。
 今作は主人公の柊一成が、女装して同じ学院に通うという内容の物ですね。ヒロインは本編では敵対していた「花園会」のメンバー4人と本編にも出てきたサブキャラ3人という構成。
 ヒロインの総数が増えた分、ストーリー的な面は結構薄めになっていますね。

 ちょっと微妙かなぁ……というのが正直な感想ですね。

 そもそも、私が「桜吹雪」を楽しめてた理由の殆どが、ヒロインである「宮乃紫苑」の存在がかなりの割合を占めていたので、彼女の出番が著しく減った今作が物足りなく感じてしまうのはしょうがない事と言えます。

 が、それを差し引いても花鳥風月の面々もヒロインを張るには正直いって力不足感が出ているというのはありましたね。キャラが建っていたといっても、所詮はサブキャラのグループとしては建っていた程度ですからね。
メインヒロインとして登用するにはちょっと魅力不足だったかなー。

 あと一成君が女装したことにより、性格がかなり変わってしまった事も微妙な要素の一つだったかなー。
 なまじ男として一成を一作品分見てきた所為で、どうにも一花としての精神構造に違和感を持ってしまいます。
 なんというか、一花ちゃん凄い素直だし熱血だしで、「桜吹雪」で悪態つきながら仕事していた一成君と本当に同一人物なの? と疑いを持っちゃうくらいには違和感がありますね。

「愛があればなんだってできます!」

 みたいなノリだしな一花ちゃん。
 学院を去るために動く一成と、学院に残るために動く一花では精神的に違いが出るのは当然なのかもですが。
 というか男の一成君を知ってる所為か地の分まで女口調で喋ってるのを見ると「このカマ野郎が」て気分が噴出してきて微妙な心持になるな。女装物でこんな事を思ったのは初めてだよ。
 
 今作は本編にあった「花仙祭を成功させる」というひとまずのゴールが設定されてない事も、イマイチな要因な気がするな。
 各ヒロイン適当に悩みが出てきたり、抱えていたりするわけですが、そこら辺はセックスしてダラダラしてたら何とかなりました。みたいな凄い締まりのない終わり方が多くて全体的に肩透かしな感じが多いですね。

「具体的な解決策は分からんが二人で頑張れば何とかなるだろう」

 みたいなそういうノリが多かった気がする。
 月姫さんとか、主人公が現実逃避して旅に出たら、ヒロインが勝手に病を克服していたとかそういうのだしな。
 なんか一花は精神的に陽性な分、一成みたいな泥臭さ的な面が薄れちゃってるな。
 ある意味では自由だけど、主人公としては微妙と言わざるを得ない。

 全体的な感想として内容が薄めの女装学園物といった感じですね。
 本編を知っていると微妙な違和感が付きまとうし、やってないと微妙に楽しめない要素も多いしでスピンオフ作品としては正直イマイチな内容だったかなー。

評価
ストーリー: ★
キャラクター:★★
エロ比率:  ★★
デビル:   ★
花鳥風月~恋ニヲチタル花園ノ姫~
花鳥風月~恋ニヲチタル花園ノ姫~
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: