おうとつげぇむ録 かぎろひ~勺景~

かぎろひ~勺景~

タイトル:かぎろひ~勺景~
ブランド:Shelf
ジャンル:和風ファンタジー謎解きアドベンチャー
ハード:Win: XP/Vista

  村で古くから伝わる儀式で生贄とされる少女を助けようとして主人公が村と対立するお話


「紫陽花って売りやってるって話」
 そんな噂を友人から聞いて早々に、小鳥遊葵は放課後に水無月紫陽花がクラスメイトと事に及ぼうとしている所を目撃する。
 しかし男は紫陽花に近づくや否や悲鳴を上げて逃げ去ってしまう。後日、彼女に事情を問い詰めるも今度は自身が誘われる羽目に。興味の赴くまま足を進めると紫陽花の周りに無数の化物の影が見えるようになる。
 恐怖で逃げ出しそうになるも彼女の寂し気な姿が放っておけずに尚も足を進める葵。そんな彼の姿に感動した紫陽花は葵に口づけを交わすのであった。


 そしてセックスするのであった。

 とそんな感じで始まりますが、基本は冒頭で書いた通りの王道系の話ですね。

 村で昔から行われていた神に人を捧げる祀り。
 なんの因果か生贄の少女と親しくなってしまった主人公。
 生贄に捧げないと祟りが起きると村の人々には話が通じない。
 そんなことはあるはずがない。と主人公は諦め顔の少女を助けようと躍起になる。


 的なね。

 和風ファンタジーとしては鉄板ネタな感じですね。
 手軽にミステリーやらホラーな雰囲気も出せますし、実際見ていても結構面白いんですよ。

 大概BADENDで凌辱されるしね!

 ただこういうのって主人公が「バカな! この現代で神だとか祟りとかあるわけないだろ!」みたいなスタンスでヒロインを助けようとしますけど、大概は神もいるし災いもあるオチになるからイマイチすっきりとしないんですよね。
 しかも最後の最後で儀式を推し進める連中が暴走した祀ってる何かに皆殺しにされて、主人公達は何とか命辛々逃げ遂せるみたいなオチとか多いじゃないですか。

 必死にその存在を否定していた主人公がのうのうと生き残っているのが微妙な気持ちになるんですよね個人的に。
 
「だからいるって言ったじゃ~ん」

 みたいなね。

 村の人々の狂気を強調したり、崇めているものが邪神だったみたいな感じで微妙にうやむやになりがちですけど、結果的に村の風習自体は全体を守る上では別に間違っちゃあいなかったって結論にもなるので、なんかヒロインと主人公が助かっても微妙~にスッキリしないんですよね。といってもこういう系の話は、その微妙にすっきりしないオチというのを狙った物なんでしょうけど。

 今作はヒロインの個別ルートだと、上みたいな感じで怪異が暴れて村人ぶっ殺したりしてる中を逃げ出して村の外で生きて行くというオチなんですけど、ヒロインを全部攻略した後の真ルートだと邪神ブッ殺して祀りの無くなった村で幸せに暮らすというオチに代わるので、真のハッピーエンド感が出ていて読後感は結構良かったです。

 なんかヒロインの一人が軽いノリで死んでますけどね。

 まぁ菫さんはやった事が事なだけに、のうのうと生かすわけにもいかないので仕方ないんですけどね。ちなみに彼女のルートに入ると主人公も村の風習に理解を示す(というか体で籠絡される)展開になって生贄少女が犠牲になってなんかハッピーエンド風味に終わるというのも結構斬新だなとは思いました。

 全体としてみると良くある村の仕来り物の枠は出てないですが、その分無難ながらも面白くはありました。
 個別ルートもそこまで長くないのでスパッと終わらせられるのも好印象。

 手軽にこの系統の話を求めてる人には良いと思います。

評価
ストーリー:★★★
キャラクタ:★★★
エロ比率: ★★★

 かぎろひ ~勺景~
かぎろひ ~勺景~

 
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: