おうとつげぇむ録 PRINCESS WALTZ

PRINCESS WALTZ

タイトル:PRINCESS WALTZ
ブランド:PULLTOP
ジャンル:AVG+SLG
ハード:Win: Vista/7/8/8.1/10


 戦わなければ生き残れない


 ある日『深森新』のクラスに転校生がやってきた。『クリス・ノースフィールド』と名乗る彼はたちまちクラスの人気者になった。
 放課後、クリスの落とした指輪を拾った新は、屋上で怪物と対峙するクリスを目撃する。なんと彼はこことは別の『エルディラント』という世界の王子であったのだ。
 怪物に襲われ絶体絶命の時、不思議な指輪の力によりクリスと新は合体し一人の女剣士へと変身する。
 怪物を退けたのも束の間、一人の女性が新たちに勝負を挑んでくる。
 かくして新はエルディラントの次期妃を決める戦い『プリンセスワルツ』に巻き込まれてしまうのであった。


 割と面白かったです。
 やっぱりバトルロイヤル物は鉄板的な面白さがありますね。
 次々と参加者が出てきて、各々の思惑が交差している感じが見ていてワクワクしてきますね。

 途中でチャチャが入って最後まで戦わないのはもう仕方がない。

 主なストーリーはお人よし? 系主人公が、バトルロイヤルに参加しているヒロインに協力していく中で、信頼感やらなんやらが芽生えてくるという王道的な話ですね。
 パートナーのクリス君も、男という触れ込みで登場して『お前女だったのか―』展開をするのがなんともベタな感じですね。

 正直クリス君が女だというのはバレバレな上に、そもそも公式ホームページのキャラ紹介にすら書いてある情報なのに、変に引っ張りすぎていてちょっとうんざりしてきますけどね。
 
 ストーリー的にはルート分岐もなくほぼ一本道。
 前半はプリンセスワルツを戦い抜きながらクリス君とイチャイチャしながらセックスして
 後半に真の敵に捕らわれたクリス君を助ける為にサブヒロインである、他の参加者の中から一人選んでチョロっとセックスして最終的に共通のルートに合流する。という流れ。
 なのでクリス君以外のヒロインは基本的にCG&シーン回収程度の役割で、選んだら後半にちょっとセリフが増える程度の扱い。コンプリートは楽ですが、その分作業染みていてあまり楽しくはないかな。

 実際ストーリーも中盤の『主人公以外の参加者同士の戦い』が一番の盛り上がりどころなので、楽しさに一役買っていたヒロイン達の扱いが悪いとちょっと悲しい気持ちになっちゃいますね。
 クリス君がメインヒロインなので仕方がないですか、後半主人公の新君が「クリスクリス」うるさいのもちょっとアレでしたね。
 ちょっと前後不覚になりすぎて、印象がちょっとよろしくなかったかな。

 アドベンチャーパートの他にヒロインと合体して、敵と戦うバトルパートもあります。
 配られたカードを使って、数字の大きさを競うという物。
 簡単に言うと、ジャンケンカードバトルですね。
 5枚のカードを使って数字の高い方が攻撃権を得て、さらに余ったカードの数字の差異で相手にダメージを与える。というのを相手のライフが0になるまで繰り返すという単純なゲームですね。

 単純ながらも結構面白かったですけどね。
 属性の有利不利やパラメーターで掛かる補正を考慮しながら、いかに後半のカードを温存しつつ攻撃権を取れるか。という駆け引き的な要素が面白かったんだと思います。
 育成の仕方によっては普通に苦戦させられますし、中々良いバトルシステムだと思いますね。育成要素を排除してもうちょっと煮詰めればテーブルゲームとして楽しめそうな気がします。

 後半は合体するヒロインによってパラメーターが変動したりとかもね。結構要素としてワクワクできて最後まで結構バトル要素は楽しめましたね。面倒な方はイージーモードで蹂躙できますし。

 ただその分、後半のバトルパートの扱いが、割と適当なのが悲しいですね。
 前半はボスとしての他国の姫と戦ったりして、中々熱い感じですけど、後半はひたすら雑魚戦の繰り返しで、最後はポッと出キメラとのイベントバトルですからね。
 しかもライフを半分削ったら強制終了なので、ラストバトルとしてはちょっと締まらない展開でちょっとガックシですね。

 折角ヒロイン毎に能力に特色があるのだから、そこら辺はガッツリルート作って、バトルパートをメインにスト―リーを組んでも良かった気がします。といっても割り振り型の育成だから、そんな特色簡単に消せますけど。

 サブヒロインの差分ストーリーをコンプリートすると、エピローグが解放されますが、これが脇役同然の幼馴染視点の話で、エルディラントに行ってしまった主人公を追いかけるという終わり方なんですけど、イマイチこの子に思い入れが無いせいか、全然感慨がわかなくてすっごいポカーンとしちゃいますね。

 そもそも、主人公もサラッと異世界に行くことを決定してますけど、肝心のエルディラントに対する情報が少なすぎて、「お前なんも知らないけど本当にそれでいいのか?」 みたいな何とも言えない気持ちになりますね。
 二人で王子になるんだー的な話だから、展開的には間違ってはないんですけど、ただただクリス君の存在に依存してついて行ってるだけなのでは? みたいな気持ちになって微妙にモヤります。

 終わってみると、ちゃんとバトルロイヤルしている中盤以降は失速してくるという、よくあるバトルロイヤル物でしたね。
 それでも各ヒロインはそこそこ個性的でしたし、話の締め方も王道的で悪くはなかったです。

 あとクリス君とのセックスが準ホモセックスっぽい空気なのが非常によろしかったと思います。

評価
ストーリー:★★★
キャラクタ:★★★
エロ比率:★★★
システム:★★★
PULLTOP 15th X 15タイトル プレミアムアニバーサリーパック
PULLTOP 15th X 15タイトル プレミアムアニバーサリーパック
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: