おうとつげぇむ録 遥かに仰ぎ、麗しの

遥かに仰ぎ、麗しの

タイトル:遥かに仰ぎ、麗しの
ブランド:PULLTOP
ジャンル:ADV
ハード:Win:Vista/7/8/8.1/10

 お嬢様学校は大体人里から離れている。


『滝沢司』は大学を卒業して教員免許取ったものの、就職先が見つからないでいた。
 そんな時に大学の恩師のつてで、お嬢様学校で有名な『凰華女学院』で働けることとなる。
 喜び勇んで勤務地へ向かう司であったが、そこは人気のない半島に建てられた分校であった。
 しかもそこは、何かしらの問題を抱えた令嬢達を押し込めて置くための隔離施設であったのだ。


 面白かったです。
 実の親に捨てられた過去のある主人公が、辺境の学校に隔離されたヒロイン達と触れ合いながら、彼女達の心の傷を癒し、且つ主人公自身も過去のトラウマを克服する。
 というのが主なストーリーですね。

 冒頭で入る寮を決める選択肢が現れ、それにより攻略するヒロイングループが分岐する。という仕組みになっています。
 グループは分校組、本校組と分かれており、各三名の攻略対象が属していますので計六名。
 しかも各ルートも、普通のギャルゲールート位のボリュームがあるので作品全体としてプレイ時間は比較的長めです。

 最初の選択肢で各グループの共通ルートに分岐してしまう為か、本校組と分校組で結構作中の空気感が違いますね。
 イメージとしては本校組は青春やら絆。分校組は退廃とかエロス。が全体的なテーマとして感じられたかなぁ。

 個人的には本校組のストーリーがぶっちぎ切りで面白かったかなぁ。
 本校組のヒロイン達っていうのは、ヒロイン達に問題があって分校に移された。という体のグループなので、基本的にヒロイン達の精神的な成長を主軸に話を運んでいくので読んでいて爽快感がありましね。
 特にヒロイン視点での独白も多いので、主人公への信頼度が段階を踏んでドンドン高まっていくのを見れるのも良かった。
 
 でも一番の違いは、主人公である司君の違いかなぁと思います。
 本校ルートの司君って全体的に大人びてるというか、ヒロインに対して保護者的な立場なんですよね。
 ヒロインの心のケアを優先している感じがあって全体的に好感が持てます。

 分校ルートだと、下半身に直結した思考や自身の好奇心優先な態度が多い上に、ヒロインに手玉に取られてる感じがあってなんか頼りがいがないんですよね。
 分校組は親の都合で、辺境の地に学園に隔離された側なので、学内で解決できる問題ではないので仕方がないっちゃあ、そうなんですけどね。
 それにしても、ヒロインの下半身やら口元、体を見て、ドギマギしすぎで本校での司君とのギャップが凄い。
 物凄い乱暴に言っちゃうと、分校組だと問題解決に司君必要ないしね。

 やっぱり主人公を教師という役柄にしたのだから、多少はヒロイン(生徒)を導く存在であってほしいなーと思うのです。

 分校ルートは教師辞めてばっかだしな

ルート別感想
※攻略順


評価
ストーリー:★★★
キャラクタ:★★★
エロ比率 :★★
 PULLTOP 15th X 15タイトル プレミアムアニバーサリーパック
PULLTOP 15th X 15タイトル プレミアムアニバーサリーパック
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: