おうとつげぇむ録 この大空に、翼をひろげて

この大空に、翼をひろげて

タイトル:この大空に、翼をひろげて
ブランド:PULLTOP
ジャンル:アドベンチャー
ハード:Win:Vista/7 /8 /8.1 /10

 飛んでいきたいよ


 レース中の事故で自転車競技を引退した『水瀬碧』
 突如として打ち込むものを失った心の傷を癒すべく、故郷へと帰ってきた。
 そこで車椅子に乗った少女『羽々音小鳥』と出会い、空を飛ぶグライダーの姿を目撃する。
 次に打ち込めるものを探す碧は学園にある廃部寸前のソアリング部を見つける。
 あの日みたグライダーの何かに惹かれた碧はソアリング部への入部を決意する。
 小鳥に幼馴染の『姫城あげは』も加わり、部の先輩『望月天音』の目指す、30年に一度現れる不思議な雲『モーニンググローリー』の上を飛ぶことを目標に奮闘する日々が始まった。


 面白かったです。
 部活青春物という感じですね。

 特に大会を目指す。とかではなく、『物凄く珍しい雲の上を飛ぶ』という事が目的な為、普通の部活物以上にロマンチシズムな内容ですね。
 なので登場人物達が抱いてる熱意からは、プレイヤーは結構置いてきぼりな感じになってしまうんですけども、そこら辺の要素をメインヒロインである『羽々音小鳥』ちゃんを据える事で、幾分か共感しやすくなっていると思います。

 この小鳥ちゃんというヒロインが、足が不自由で車椅子に乗っているんですけども、そこら辺のコンプレックスを拗らせて面倒くさい性格に捻じ曲がってしまうんですが、そこで主人公やらグライダーと出会って、徐々に軟化していき『グライダーで空を飛びたい』という夢に向かって前向きに生活していく様になるんですよね。

 この小鳥ちゃんの成長(というか傷心が癒える)というのも話の主軸になっている為、なんともフワっとした主目的であるソアリング部たちの活動も結構楽しんで且つ肯定的な目線で眺めることが出来ますね。
 
 実際問題、このゲームの楽しさの大半は小鳥ちゃんの喜怒哀楽で締めていた気がしますね。
 やたら態度が大きく、感情表現が豊かなので見ていて可愛らしいんですよね。
 それでいて自分の足に対してのコンプレックスもあるので、ふとした時に弱気になるのも結構丁度いい塩梅に仕上がっている感じ。 

 その分、他キャラのルートが完全におまけ感満載に感じてしまうのがある意味ではネックだなーという気がしますね。
 ヒロインは小鳥ちゃんに幼馴染、部の先輩に後輩二人。という構成なんですけど。
 スト-リー的には、小鳥ちゃんと長年夢を追ってきた先輩のルート以外は内容としてはちょっと場違い的な印象になってしまってましたね。

 あと目的が目的なだけに、後半の障害が第三者からの妨害。というのが主として出てくるのがなんか微妙にモヤモヤしますね。
 全体的に感傷的な話なので、ヒロイン達の精神的なアレコレがあるんですけど、そこが解決したらもう後は素直に飛んで終わっとけばいいんじゃないの? みたいな気になっちゃうんですよね。
 ワザワザ学校にグライダー取り上げさせて、忍び込んで持ち出して~とか確かにジュブナイル的ではあるんですけど、展開としては正直必要のないものな所為か、無理矢理劇的な展開にしようとしてる様に見えちゃってなんか勿体ないなって思っちゃいます。

 それでも全体を通してみると、結構楽しんでプレイできましたね。
 キャラクター同士の掛け合いもコミカルですし、あとやっぱり小鳥ちゃんが楽し気に活動してるだけで内容的には結構満足度高かったです。
やっぱりメインヒロインがちゃんとメインヒロインしていると話がグッと引き締まる気がしますね。

ルート別感想

評価
ストーリー:★★★★
キャラクタ:★★★★
エロ比率 :★

この大空に、翼をひろげて
この大空に、翼をひろげて
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: