おうとつげぇむ録 2018年まとめ

2018年まとめ

 毎度の事のあまり意味のないまとめ

 基本的に新作にあまり手を出さない(というか買っても後回しにしがち)のでいつもの如く2018年感は非常に薄いです。


 2018年のエロゲ消化量は34本でしたね。

 うんまぁ……露骨に減ってるなぁ。2017年は手に出すゲームのボリューム差が顕著で減った感じだけど、今年は言い訳の余地もなくモチベーションの低下が原因ですね。
 6月位から11月までほぼ月一の消費だったしなぁ。

 凄い肌に合わないゲームを引き当てた所為で、ちょっとペースが落ちてそのまま……と言う感じだったなぁ。
 それ以外のゲームにも手は出していたんですけどね。並行して進めていると、肌に合わないゲームをプレイした時の疲労感で「なんか今日はもういいや」って気になってしまって、全体的にペースが滞るという悪循環に陥っちゃったな。

 ちなみその肌に合わないゲームはまだクリアしてないです

 埒が明かないので完全に放置状態ですが、いつかはクリアしたい。いつかね。

 あとはエロゲ以外の趣味の方にちょっと時間を割いてしまったのも原因ですかね。基本的に浮気性な人間な所為か、色々あっち行ったりこっち行ったりしちゃうんですよね。そう言う意味では2年間あのペースを維持できたのは私の中では結構異例だったり。

 そもそもその為にブログを開設したようなものなんですが。
 
 一応11月で一区切りは付いたので、またエロゲーに時間を割けるんじゃないかなぁ……とは思っています。そもそも一応毎月積むゲーム数も増えてるんだよなぁ。前はリスト化したり、逐一積みゲー数を増やしたりしてたんですけど、キリがないからいったん止めちゃったし。

 今数えてみたら2018年は67作品購入してますね。

 分かってた事だけど消費量より多い!!

 一応去年は購入を控えていたんだけどなぁ。それでも消費の倍くらい増えてる。
 その前の消化数が51でその前が70作だから、一年ごとに約20作品減少する傾向にありますね。この流れだと今年は10作前後になりかねないなぁ。流石にそれは避けたい。

 というわけで今年の目標は50作品消化を目指そう。少なくとも去年は超えようウン。



印象に残った作品とヒロイン

 今年は何と言ってもPULLTOP作品でしたね。ただでさえ本数が少ないのに、15周年記念パックの消化に取りかかり始めたから、やっぱり全体的な印象は強いですね。基本的に「作品のノリが合わない」とブーブー文句を言いがちな私ですけど、なんやかんやで結構評価自体は高めだったり。

 全体的にストーリーに纏まりもあるしキャラクターも個性的なんで、中盤を過ぎてくると結構楽しくプレイできることが多いんですよねPULLTOP。
 その中でも『この大空に、翼をひろげて』が頭一つ抜けてたかな。

 メインヒロインの小鳥ちゃんが主人公力とヒロイン力が高くて、作品に一本芯が通っている物になってましたね。やっぱりメインに据えるヒロインが文句なしにヒロインをやってると全体的に話が引き締まるなぁって思います。なんというか、他がダメでも、この子のストーリーさえあれば全てをチャラに出来る位の強みがありました。

 そう言う意味ではESCU:DEの『紅蓮華』も良かったですね。メインヒロインのくおんが主人公と妙な信頼で繋がっているパートナーという感じを上手く描けていたなぁと思います。
 ただ彼女の場合はパートナー要素が強いからちょっとヒロイン感が薄れてしまってたかなぁ。私は人間と人外との相棒ものみたいな要素が好きなんで、それはそれで満足なんですけど。

 印象に残ったヒロインとしてもこの二人がツートップかなぁ。
 好みで言うならば同じ紅蓮華の相原先輩とか、『遥かに仰ぎ、麗しの』の殿子とか居るんですけどね。

 ただ小鳥ちゃんとくおんは、作品の顔という部分もありそれに違わぬ魅力をちゃんと発揮していた! という要素があるので、印象としての強さで言えばやっぱりこの二人かなぁ……。

 そして上記で書いたように、くおんはどちらかと言えばパートナー要素が強く出てしまっているので、「ヒロイン」として語るのならば、小鳥ちゃんに軍配が上がるかなぁ。

 というわけで2018年のマイベストヒロイン賞は羽々音小鳥ちゃんに決定。しゃぁせぇー!

 相変わらず発売年数ガン無視だけど、私がその年にプレイした作品だからね。
 積みゲー消化ブログだしね。しゃーないしゃーない。

 エロ面で言えばマジカルウィッチアカデミーかなぁ……。ミルフィがモブ生徒達と主人公を襲うシーンは大変宜しゅうございました。

 もっと古くなった!
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: