おうとつげぇむ録 Dear My Friend

Dear My Friend

タイトル:Dear My Friend Complete Version
ブランド:light
ジャンル:ADV
ハード:Win:XP/Vista/7/8/8.1

 いい加減な性格の父親に反抗心を持ち、少し悪ぶってはいるものの根は優しい『森川恭一』そんな彼の元に、両親が突如『久城麻衣』という身寄りの無い少女を引き取り連れてくる。突然増えた同居人の異性に戸惑い、最初は冷たく当たるも結局は世話を焼いてしまう恭一。妙に懐いてついて回る麻衣とその姿を茶化す周囲に戸惑いながらも、それが次第に日常へと変化していく。しかしバレンタインデーが近づいていくにつれ、彼を取り巻く人間関係にも変化が訪れる。


 実はずいぶん昔にコンシューマー版をプレイした事があるんですよねこのゲーム。
 ただ、

 ヒロインが渡そうとしたクッキーが恋敵に踏みつぶされる

 という部分しか記憶に残ってないんですよね。
 なんかこのシーンの物凄いギスギスとした煽り合いだけが凄い印象的でしてね。ある意味『ヒロイン同士が我を出して罵り合う姿』を私が好きになる切っ掛けとなった気がしないでもないです。

 と、そんな事は置いておいてストーリーは突如主人公の家に同居人(ヒロイン)がやってきたことで人間関係が変化していくハメになる。という、王道ギャルゲーと言う感じのストーリーですね。
 何の相談もなく同年代の異性が現れた事で、主人公とその友人(美少女)達との関係も否応なしに変化してしまいます。

 何故ギャルゲーの父親は無断で同居人を連れてくるのか。

 大体は「俺の家なんだから俺の勝手だ」みたいな論法を繰り広げますけど、せめて相談なり、一言来ることを伝えて置けよって、こういう展開見るといつも思いますね。
 突然連れてきたことで当然主人公もちょっと反発心が生まれますし、それを見て連れてこられた子も肩身が狭くなるしで良い事何一つないと思うんですけどね。

 大体世話やなんかも主人公に丸投げするんだしね。

 こういう系の父親は後半になると、急にしたり顔で説教とかもしてくるから余計に「ウザッ!!」ってなりますね。今作はまだマシな部類だった気がしますけど……話が進むとやっぱりカスでしたが。


 まぁエロゲーあるあるは置いておいて、このゲームのタイトルが『Dear My Friend』な訳で『男女間の友情』的な部分が作品のテーマとしてあると思うんですけども……。なんか終わってみての感想としては「言うほど男女間の友情要素あったかなぁ?」という感じがしますね。

 メインヒロインである麻衣ちゃんが、友人と言うよりは家族としての面が強調されている所為かイマイチ釈然としない感じがしますね。そう言う意味では悪友ポジションの都香とお姉さんキャラである冴香が内容的にそんな感じだった気がするんですけど……。

 内容がクッソしょうもないからなぁ……

 冴香さんの方は内容的にはかなりマシではあるんですけど、彼女もどっちかと言うと『幼馴染の姉キャラ』というポジションの所為かギャルゲーお決まりの『近すぎて姉弟みたいな関係』を強調してる所為でやっぱり友情という要素としては正直なぁ……という思いがありますね。

 そもそもどのヒロインも「初めて会った時から好きだったの」という体なのも問題な気がするなぁ。それでも友人として付き合ってきたという事に意味があるのかと思ったけど、別段そこら辺もあまり掘り下げませんしね。エロゲーと言う媒体で男女間の友情要素をヒロインとで出すのがそもそも難しいんでしょうけど。

 そこに目を瞑れば、全体としては結構良かったと思います。
 全体的に斜に構えた感じのノリがちょっと古臭くてキツく感じますけどね。

キャラ別感想

評価
ストーリー:★★★
キャラクタ:★★
エロ比率: ★

Dear My Friend Complete Version
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: