おうとつげぇむ録 処女はお姉さまに恋してる

処女はお姉さまに恋してる

タイトル:処女はお姉さまに恋してる普及版
ブランド:キャラメルBOX
ジャンル:アドベンチャー
ハード: Win:7/8

 鏑木財閥の御曹司『鏑木瑞穂』
 彼は祖父の遺言によって、聖應女学園に転校することになってしまう。
 だけでなく、自身の立ち居振る舞い、文武両道の姿に学園中の生徒の注目の的に、どころか一年間、学園を象徴する生徒の代表『エルダー』にまで選ばれてしまい。彼の女装学園生活は波乱の幕開けとなってしまうのだった。


 結構面白かったです。立ち絵などのグラフィックは流石に古臭さと言うか時代による違和感が結構出てますが、それでもプレイしていくと、意外と気になりませんでしたね。

 コメディとしての部分もなかなか時代を感じるやり取りではあるんですけど、そっちは最初からあんまり気にはなりませんでしたね。個人的に『お嬢様学校』という舞台が良かったんじゃないかなと思います。全体的に登場人物が落ち着いたキャラクターなので、ハイテンションで昔のノリを全力でボケ倒す。みたいな感じにならなくて、見ていてもジェネレーションギャップに置いて行かれずに結構楽しんで見れました。

 構成は話数形態ですね。六~七話位までは選択肢によって多少の違いは出ますが、基本的には共通のエピソードを挟みながらヒロインの好感度を稼いでいき、最後の二話で個別ルートを描いていく。という形ですね。一話終わるごとに次回予告が入るんですけど、これも違和感なく見れたなぁ。この見ていてキッツイ物との違いは何なんだろうな一体。

 一話一話も程々の長さで、濡れ場も定期的に挟むという結構エンターテイメント精神を感じる構成に感じますね。しかし引っ込み思案っぽい性格の瑞穂ちゃんですけど、求められると割とホイホイ後腐れなくセックスするあたり、流石は財閥の御曹司と言った所でしょうか。

 しかし結局祖父が遺言で瑞穂を女学園にぶち込んだ理由がフワフワしたままだなぁ。なんか早くに死んだ母親の思い出に触れさせたかったんじゃないか? みたいな話は出てきましたが、なんか納得し辛いんだよな。ぶっちゃけ

 金持ちヘンタイ爺さんの趣味

 とかの方が遥かに説得力ある気がするんだよなぁ。

 意外とストーリーも男だとバレたから~みたいな話は殆どなく、準レズ空間を純粋に楽しむ。みたいな話ではありましたね。なので、紫苑さんのルート以外は結構スルーっと簡単に問題も解決してハッピーエンド! みたいなさっぱりとした読み心地。スタッフロールまでに行くまでの流れも、どのルートも共通マイナーチェンジという構成なのが余計にそう思わせるのかもしれませんね。

評価
ストーリー:★★
キャラクタ:★★★
エロ比率: ★★

処女はお姉さまに恋してる 普及版
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: