おうとつげぇむ録 監獄戦艦3

監獄戦艦3

タイトル:監獄戦艦3〜熱砂の洗脳航路〜
ブランド:ANIME LILITH
ジャンル:洗脳航海動画アドベンチャー
ハード:Win:XP/Vista/7/8

 人類が宇宙へ進出して暫くたち、地球生まれと植民星生まれとの間で対立が長く続いていた。
 その中で中立国家を支配し第三勢力として名乗りを上げたドニ・ボーガン。圧倒的な力で連合軍を破り痛手を負わせることに成功する。勢いに乗ったボーガンは火星に狙いをつけるも、そこを支配するクシャナ親子に完敗してしまう。
 屈辱的な仕打ちを受けたボーガンは姿を変えクシャナ親子の前に再び現れ、自身の得意とする洗脳調教で彼女達を自分の性奴隷にし、彼女達の身分を利用しようと目論む。


 というわけで監獄戦艦シリーズ3作目ですね。

 毎度の事、調子に乗っていたらヒロイン達にボコボコにされた事で復讐を誓い、洗脳調教でセックス奴隷にしてやるぜ! というお話。

 うーん……しかしあまり言う事も思い浮かばないなぁ。
 何というんですかね。2の時もそうだったんですけど、一作目の時とあんまり内容に違いが感じられないんだよなぁ。

 こういうシリーズ物って大体シリーズを重ねるごとにプレイ内容が過激化したりマニアックな方向に舵を取り始めたりするものなんですけど、監獄戦艦シリーズの関して言えば、毎回同じことをヒロインを変えずに繰り返している。という印象。

 まぁあまりニッチ過ぎる方向に行くのも私は苦手ではありますが、それにしてもやっぱりちょっと内容に違いが無さすぎないかなぁ? と言う感じ。

 ヒロイン二人体制で、片方を自分に、もう片方を部下達の慰み物にし、選んだ回数でエンディング分岐。まぁここまでは分かりやすいので一緒なのは構わないんですけど、肝心のプレイ内容もなんか毎回一緒じゃね? という感じがする。

 ザーメンを溜めて飲ませたり、尻に栓をして排泄を我慢させたり、テレフォン寝取りセックスとか、前二作でも似たような展開見たぞって言うのがずーっと続いてそのままエンディングに突入してしまったなぁという感じ。

 特にこの作品、ヒロインの構成も、強気なエリート女軍人とそれを慕う強気な女というのもシリーズ三作通して一緒なのも余計にマンネリ感が出てしまっている原因なのかもしれませんね。
 対魔忍みたいに同じキャラを使いまわすとかでもなく、新ヒロインが毎回そんな感じだから、流石に飽きが出て来てしまうかなぁ。

 一応洗脳手術の絵面がドンドンマニアックな物になっていってはいますけど、まぁ全身ラバーでの改造見せられても……・ねぇ? と言う感じではある。

 結局のところ、作品のピークが最初にボーガンさんが二人纏めてガッツリ犯しまくる。という部分なので、今までのシリーズをやって来た人からするとそこを通り過ぎてしまうと、あとはダラーっと似たような展開を眺めるだけになってしまうのが残念ですね。

 まぁボーガンさんが最初に二人犯すのも毎回似たような流れですけど……。

 個人的に、母子ヒロインの今作ですが、母親の喘ぎ声のほうが可愛らしいのがなんか面白かったです。
評価
ストーリー:★★
キャラクタ:★★
エロ比率:★★★
アニメーション:★★★

 監獄戦艦3〜熱砂の洗脳航路〜
関連記事

テーマ : 同人誌、18禁美少女ゲーム、同人ゲーム、エロダウンロードゲーム
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: