おうとつげぇむ録 評価基準

評価基準

 いつの間にか感想の数も増えて来たので取り敢えず評価の基準を書いておきます。

 我ながらあまり参考にならん評価だとは思うのですが一応。

 2016年6/12
 そもそも評価をしてないことに気づく


 なんかストーリーとか面白さをみて星をつけてないことに気づく。


 ストーリー
 純粋に私がプレイして話が面白かったどうかですね。
 大嘘である
 ゲームとして(読み物として?)ストーリー要素がちゃんとあるかどうかというのがポイントですね。
 最低限ストーリー部分が見れるとと2位。コンセプトや纏まりが感じられると3位。
 それ以上はオリジナルティを感じたりとか私の好みだったりで増減する。

 キャラクター
 キャラクターが魅力的かどうかですね。一人のキャラクターとしてちゃんとしているかどうかが一番の基準な気がします。言ってる事や行動がブレブレだと低くなります。
 ただしヒロイン一人が物凄い魅力的でも他のキャラがおざなりだったりすると★の数は低くなります。基本的に全体評価です。
 星が★4つ以上あるとサブキャラまでもちゃんとしっかり描けている(と私が感じている)場合が多いです。
 エロ中心のゲームだと個人的な好みの補正が強くなると思います。

 エロ比率
 エロゲーの評価にだけ出てくる項目です。ストーリーに対してどの程度のHシーンがあるかという目安です。基本的に私のプレイした時の体感が基準です。基本的に通常の文章が多ければ多いほど星が少ないと思ってください。
★:ストーリーの途中もしくは最後に一回Hシーンが挟まれる程度。
★★:ストーリーの途中に数回Hシーンが挟まれる程度。
★★★:エロ中心だが、最低限ストーリーの目的が存在している。
★★★★:一応目的があったりするが基本エロ
★★★★★:状況設定や世界観、人間関係の説明位であとはセックスだけが目的
 基本的にこういう基準ですね。文章量とエロの量的にLilith系列が大体★3位だと思ってください。★の数が多ければエロに割いている割合が多いですが。内容自体が短くてもエロに割いている量が多ければ★の数は多くなります。究極的に言えばエロシーンのみ一つだけが入ったエロゲーでも★は5つになるので、必ずしも星が多ければエロシーンが多いという訳ではないです。
 因みにこの項目の星が4つ以上だと必然的にストーリーは1になる傾向が高いです。

 精神ダメージ
 NTR物をやった時などに出る項目。私がどの程度ダメージを受けたかどうかです。
★:ちょっと不快なレベル。寝取られた事によるダメージはほぼない。
★★:ちょっと心にくるレベル。寝取られたダメージはココ位から
★★★:極力みたくは無いがストーリーを見る為に我慢できるレベル。
★★★★:2週目はもうご遠慮したいレベル
★★★★★:トラウマ。もはやタイトルを聞くだけでも不快感が出るレベル。
「ひぐらしのなく頃に祟り殺し編」にあるサトコ関連位が私の★3つ位だと思ってください。

 アニメーション
 アニメーションが挟まれるゲームなどに時々出てくる項目。
 私がアニメ技術に何も詳しくないので一番あてにならない評価。
「良く解んないけど多分4だな」
 みたいなノリでつけてるので本当になんの参考にもならない。

 システム
 他のゲームにはない様なシステムがあると付け加える評価。
 基本的にオリジナルティを感じると出すので大体3が多いです。
 ゲームのプレイが快適だったりすると★が多くなります。
 逆に死ぬほど不便だったりするとオリジナルティを感じずとも1の評価で出したりします。

 その他
 ゲームプレイ中に適当に思いついた項目を適当に評価しています。
 その項目が出て来たという事は何かしら感じたという事なので★が1個でも評価する要素を感じたと思ってください。


 だいたいこんな感じでしょうか。でも結局は独断と偏見による決めつけが大きいので私の好みで上下が激しいです。というか見直してみると自分でも時々疑問に思うものも多い。
関連記事
ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: