おうとつげぇむ録 アネもネ

アネもネ

タイトル:アネもネ
ブランド:BOM
ジャンル:姉AVG
ハード:Windows:2000/XP

 姉に萌えろ

 こんなこと言われたら私が買わないわけにはいきません


 ゲームを開始すると友人宅からの帰り道、主人公が倒れている宇宙人を助ける場面から始まります。救急車を呼ぼうとして助けようとしますが、既に手遅れで命を落としてしまいます。しかし死ぬ前に宇宙人が自身の素姓と目的を話し、主人公に協力を仰ぎます。



 「私はM78星人。悪の宇宙人を追ってこの星までやってきたのだ」

 姿も名前もド直球です。

 カ○ータイマーまでついてるじゃないですか

 自分の代わりに悪の宇宙人を探し出し地球を救ってくれと無茶ぶりを残しM78星人は消えてしまいます。

 光と共に消える銀赤タイツマンにムチャブリされて戸惑いながらも主人公は帰路につきます。彼の家には5人の姉が待っています。家に帰るといつも通り6人の姉が主人公を居間で出迎えます。

 1人増えとる……

 確かに主人公の記憶では姉は5人。しかし6人どの姉にも見覚えがあります。

 母親の様なおっとり長女、壱美

 厳しい教師の次女、双葉

 臆病で引っ込み思案の三女、三樹

 スポーティで男勝りな四女、四乃

 小さい癖に一番お姉さん風を吹かせる五女、五百菜


 ロボ娘の六女、Pちゃん(PCLX-0006YX-Vol-kr)

 まったまった待ってくれ!


 プロローグの時点で私を置き去りにしないでくれ

 主人公も記憶の混乱で驚いていますがこっちも既に加速度的に置いてきぼりです。

 部屋に戻りM78星人に託された探索ロボ、「スキャナー君」に検索をかけて貰うと悪の宇宙人の反応が主人公の自宅から出てきます。スキャナー君は誰か見覚えのない奴が家にいないか?と問いかけます。当然主人公の頭に思い浮かぶのは5人のはずなのに6人いる姉です。

 主人公の家に姿を偽り住まう宇宙人、何故か1人増えている姉、あからさまに怪しいPちゃん、全ての姉に見覚えのある主人公の記憶。

 果たして誰が悪の宇宙人なのか、地球をひいては愛する姉を主人公は救えるのか。

 あ、バカゲ―だコレ。

 しかし主人公も意外に冷静なんですよね。あからさまにPちゃんが怪しいとは思うも明らかに自分の記憶が弄られている以上自分の主観だけで決めつける事はできない。それこそ宇宙人の思うつぼなのでは……と

 なにより大好きな姉達を疑わなければならない苦悩を感じながら悪の宇宙人を探ります。地球の危機の割にあまり真剣味が感じられませんが……

 やってみると狙った姉と両想いになってついでかの様に宇宙人の正体が判明し世界は救われハッピーエンドという適当具合。

 なんなんだよ!もう!

 と思いながら攻略していくと唐突に現れる真のシナリオ「アネもネ最終章」

 !!?!?

 今までのドタバタコメディをぶっ壊して唐突なシリアス展開。明かされる様で明かされない驚愕の真実。

 真剣に頭が追いつかないです。

 もう最初から最後までやりたい放題なんですけど、それでもプレイした感想言うならば面白かったです。

 悪の宇宙人、Pちゃんの正体などもそこそこ上手い落とし所で締めていますし

 良くあるエロゲーの設定かなと思う6人の姉も実は理由があったり、急に思考と行動がおかしくなる主人公の行動もエロゲーの良くある悪ノリかな?と思ったら理由があったり

 それでも説明不足感は否めませんが、それでもそこそこの伏線をはってそれなりに仕上がっています。

 なにより6人の姉がちゃんとそれぞれ姉キャラしているんですね。これだけ居ながらそれぞれの姉として振る舞い、別々の悩み、問題を出してシナリオを回しています。

 ぶっちゃけ大した内容ではないんですけど、姉キャラとして非常にどのキャラも良く出来ていて姉に萌えろのフレーズに釣られて買った私には結構満足な内容でした。

 アネもネ最終章もぶっちゃけ蛇足感はありますが、最後に写される主人公と姉達の幸せそうなスチル。これこそ姉ゲーのかくあるべき姿とも言えるこの一枚でそんな事はどうでも良くなります。

評価
ストーリー:   ★★★
キャラクター: ★★★
エロ比率:   ★★★
姉力:     ★★★★
ギャグの鮮度:★

アネもネ
アネもネ
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: