おうとつげぇむ録 Stellar☆Theater

Stellar☆Theater

タイトル:Stellar☆Theater
ジャンル:記憶に触れる恋愛AVG
ブランド:Rosebleu
ハード:Windows:2000/XP/Vista

 凄い懐かしい雰囲気だ。

 キャラの見た目、性格、掛け合いとかTHE恋愛AVGみたいな雰囲気を醸し出してますね。いやシンプルシリーズではなくてですね。

 こういう、いかにもなのは久々だなぁ。


 ファンタジー設定を加えた学園ラブコメディ……といった感じでしょうか。
 なんか良く解んないんですけど、宇宙人がいる事が世界的に認知されている世界観らしくてですね。んで科学力はしょっぱいけど未知なる可能性があるっぽい地球は保護される事になった? とかで宇宙で保護指定にされたらしいです。

 ただ地球側にも自衛する手段がないと困るのでどっかの異星人? だかが限られた人間に星座に宿る精霊の力を与えたとかでその力に目覚めた人達が悪い宇宙人から地球人を守る自警団を作った――みたいな話らしいのですが。

 ここら辺は冒頭でさらっと説明されただけなんでちょっと自信無いのですが、まぁ解ってなくても特に困らないので、なんか稀に凄い力に目覚める人がいてそいつらが世界的な自治組織を運営している世界観位に思ってれば大丈夫ですね。

 そしてその力に目覚めた人達を『星座』と呼ぶらしくその中でも位の高い方々は十二星座の位を得るとかそんな感じらしいです。欠員が出ると色々と手順を踏んで後釜を決めるらしいのですが、それを決める試験の会場に主人公の学校が選ばれ、候補生達(美少女)をサポートするのに主人公が選ばれたという事で
 主人公にしか使えない、過去に起こった出来事をその場所に行けば再生できる道具を駆使して事件を解決していきヒロイン達と仲を深めて行くという感じですね。

 意外と設定の活かし方が良かったですね。
 上記にある、過去に起こった出来事を再生する道具の説明をされた時『じゃあヒロインの自慰行為とか再生できるのか』とか思ってたんですが本当に再生したりとか
『星座』に目覚めると年齢の進行が止まり、身体能力も増加して、再生能力を得るという事なのですが毎回再生能力者みると『処女膜って再生すんのかな?』という疑問を抱くのですがちゃんと再生したりとか
 なんか疑問に思った事(というより願望)に答えてくれてちょっと嬉しかったです。

 それと星座候補生の中に昔引っ越した幼馴染がいるんですが、物語開始早々『死人が甦った』みたいな思わせぶりな表現をするんですが、ここら辺の謎も『死んだと思ってた』という単純な思い違いではなくちゃんとした説得力のある理由を用意しているのも好印象ですね。

 逆にキャラクターや世界観に対する印象付けが甘かった所は残念でした。
 なんというかどのキャラクターも「こういう設定だからこういう風に感じ取ってね!」という雑な印象を受けます。
 例えば十二星座の獅子座さんは作中トップクラスの戦闘力を持っており、怒らせるともの凄く怖いという設定なので、主人公周辺も彼女を怒らせない様にビクビク脅える描写があるんですが、凄い戦闘力の描写も怒ったら怖いという描写も作中で存在しないのでイマイチ説得力を感じないんですよね。

 そもそも『星座』は常人を凌駕する身体能力を持っているという設定なんですけど、その高い身体能力を全く作中で見せてくれないんですよね。唯一見せてくれたのが乙女座の方が暴走した重機を片手で止めるシーンですね。

 折角学園生活しているんですから、体育の時間に候補生達の凄い身体能力を見せて『下っ端であんなに凄いのに十ニ星座はどれだけ凄いんだ』みたいなシーンとか入れればいいのに、そもそも体育のシーンがなかったり。

 そして作中の敵が十二星座から逃げおおせたのを見て「十ニ星座から逃げれる程のトンデモない奴が相手だなんて」とヒロイン達がビックリするシーンとかあるんですが、彼女達の凄さがイマイチ描写されてないので『そんなに凄いの?』という疑問の方が強くなっちゃって微妙な雰囲気になっちゃうのが残念です。

 なんというか作中の人物達の「アイツなら大丈夫だ」とか「だって○○だし」みたいな評価とプレイヤーの評価が著しく乖離しているせいでそういったコメディ描写もなんかもノリきれないんですよ。
 男友達がドMな所、姉妹のブラコン度、獅子座のバカップル描写なんかは、念入りに挟んでくるので印象付けられましたが、それ以外は殆ど口伝によるもので説得力が薄いんですよね。キャラクターは結構個性的に仕上げているのにそこら辺が非常に雑な感じで勿体なく感じます。

 あと設定が壮大な割に規模がショボイです。まぁメインが『恋愛ADV』というのもあるので仕方ないのですが、宇宙人から地球を守る少数精鋭部隊の採用試験という名目なのに、猫の飼い主探しとか、下着泥棒探しとか、やってる事が幾らなんでも……という気がします。

 各ルートでの話の落し所や主人公の過去に対する謎の真相なんかは悪くないのですが、やっぱり細かい所が雑な所為でイマイチ話にのめり込み辛かったのが残念でしたね。
 ただプレイしていて「放尿とメガネが好きなんだなぁ」と感じられたのは良かったです

評価

ストーリー: ★★
キャラクター:★★★
エロ比率:  ★★

Stellar☆Theater
Stellar☆Theater
関連記事

テーマ : 二次元総合 漫画・エロゲー・小説・エロアニメなど
ジャンル : アダルト

ブログ内検索
検索タグ
カテゴリ
消化中ゲーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: